珍問

予測変換

投稿日:

携帯電話でメールを作成する時等に使う便利な機能の一つ、予測変換に関する話。 

なおひと(仮名)にはかすみ(仮名)という彼女がいた。 

なおひとはかすみに 「かすみは土曜日どこに行きたい?」 

という内容のメールを作ろうと、か行のボタンを1回押した。 

当然、愛しの彼女の名前が1番上にくる。 

「かすみ」 を押すと次の予測が出てくる。

1番上に表示されたのは 「犯ス」 だった。 

驚いた彼はとりあえず1番上にくる単語を繋げていった。 

すると 「かすみ犯ス今日の5時」 という文ができた。 

自分が打った覚えが無い単語ばかり…。 

不安になった彼は、午後4時半の今、歩いてすぐの彼女の家に向かった。

「まだ5時前だし、だいたいこんなの信じるなんてオレはどうにかしてる」 

と思いながら、彼女の部屋の前に着くも、カギは開かず、返事も無い。 

管理人に無理を言って開けてもらうと、 

首を吊って変わり果てた彼女の姿が。 

どうやら5時というのは午後ではなく午前のことだったようだ。 

近くに置いてあった彼女の携帯を見てみると、 

「ゴメンね」 

とだけ書かれた彼宛ての未送信メールが表示されていた…  

-珍問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

とあるひき逃げ

去年、友人の妹が車にはねられて死んだ。ひき逃げだった。 犯人はまだ捕まっていない。 その悲しみせいか、去年の誕生日に友人は祝ってくれなかった。 今日の誕生日、友人は久し振りの笑顔を見せた。 そして、誕 …

眠りに落ちた美女

ある日僕は学校の美術室の掃除当番だった 早く終わらせて帰ろうと思い急いでいたら 一枚の絵が大事そうに飾られているのを見つけた その絵はとても綺麗な女の人の肖像画だったが 少し不気味で目に特徴があった …

追いかけてきた男

深夜にコンビニに行く途中で男に追いかけられた 男は「傷…傷…」っていいながら追いかけてきた 必死に逃げる俺に男は「痛…痛…」っていいながら追いかけてきた さらに必死に逃げる俺に男は「ラシ…ラシ…」って …

見覚えのない人間

終電が過ぎてしまって困っていた。 「あぁ、どうしよう」そんなことを何度も呟いていた。 ふと気づくと、目の前に黒いスーツを着た男が立っていた。 その男は俺と目が合うと驚いた表情をして俺にこう言った。 「 …

母からのメール

母からメールが来た。 「37、2で68おわった7ら、5までも22合わせあわせに」 ??どういう意味だろう。送信先を見ると家族一斉送信になっている。 そして気付いた時には何もかも手遅れだった。 なんで気 …