中級

万年床に

投稿日:

友人が引越ししたと言うので酒を片手に遊びに行った

適度に酔いも回り時間も遅いので、帰るのが面倒になって万年床にゴロリ

「あー、そっち足な」と友人

「北枕か?」と聞きながらゴソゴソと反転

「いや、北はあっち」明後日の方向を指差す

「カーテンの丈が少し足りなくてさ」

頭だけを上げて足側に垂れ下がるカーテンを確認。うん、微妙に短い

「せめてwwじゃなくてーーなら目が合わずに済んだのになぁ」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

精肉売り場

スーパーマーケットの奥には、肉や魚をさばいてパック詰めにしたりする場所があって、 売り場と扉で繋がっていることがよくある。 ワゴンにパック詰めされた肉や魚を乗せて出入りするから、見たことある人も多いと …

no image

愛人

前の勤務先の同僚が俺の職場に立ち寄った お互いに既婚者だが俺らはよく飲みに行ったり遊んだ仲だった 久ぶりに合ったんで近所の茶店に行った 俺が「最近どーよ、悪いことしてる?」 すると彼は笑いながら始めた …

葉書

交通事故で少年を轢き殺した男が、 母親に慰謝料を払いたいと申し出ると、断わられてしまった。 「代わりに毎月13日には、やった事を忘れないよう自分宛に葉書を送ってほしい」と、 宛名の書かれた、たくさんの …

優しいお姉ちゃん

私は13才の中学生 三つ上のお姉ちゃんとは部屋を共用していてとても仲良し 一つしかないベッドを私に譲ってくれるとても優しいお姉ちゃん 今日もいつものように寝る前に二人で仲良くトランプしたあと二人同時に …

no image

応援

親友に彼女を奪われた。ビルの屋上で花火観賞をしていた。 「あいつを奪うみたいになって悪かったな」 『しょーがない』 「怒ってないのか?」 『別に。あいつがお前を選んだだけ』 「なら良かった」 『あいつ …