中級

万年床に

投稿日:

友人が引越ししたと言うので酒を片手に遊びに行った

適度に酔いも回り時間も遅いので、帰るのが面倒になって万年床にゴロリ

「あー、そっち足な」と友人

「北枕か?」と聞きながらゴソゴソと反転

「いや、北はあっち」明後日の方向を指差す

「カーテンの丈が少し足りなくてさ」

頭だけを上げて足側に垂れ下がるカーテンを確認。うん、微妙に短い

「せめてwwじゃなくてーーなら目が合わずに済んだのになぁ」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

噂のトンネル

男は車を走らせていた。 道の途中で道に迷ったがどうやら抜け出せ、まぁまぁ分かる道まで出てきた。 そこは2つの道に別れており、右はかなりの遠回りの道、 左は近道となる一方通行の道だ。 だが道の途中に昔火 …

クローバー

最近、近所で連続殺人事件が起きている。 被害者は全て同じ小学校の子供です。 その犯行はとても残虐で、死体は見るに耐えないカタチになっているという。 事件現場に供えられた沢山の花たち。 しかしその中にク …

未来の予言

1980年のある日、 撤去予定された家屋の中を作業員が整理していると、 子供が書いた筆跡があるノートを見つけた。 書いてあった内容は未来の予言のようなもので、 「平成10年 富士山噴火 平成20年 日 …

都市伝説

「すいません、○○温泉まで」 「…お客さん、そこ数年前から営業してませんが…」 「いいんです、お願いします」 Aはそう言ってタクシーに乗り込んだ。 そして道中、運転手にその場所に向かう理由を話すことに …

お姉ちゃん

オバケって本当にいるとおもいます。 小さいころ、わたしにはお姉ちゃんが見えていました。 同じきたない服をきて、いっしょに住んでいました。 でもある日お姉ちゃんは見えなくなりました。 パパと、ママが宝く …