中級

万年床に

投稿日:

友人が引越ししたと言うので酒を片手に遊びに行った

適度に酔いも回り時間も遅いので、帰るのが面倒になって万年床にゴロリ

「あー、そっち足な」と友人

「北枕か?」と聞きながらゴソゴソと反転

「いや、北はあっち」明後日の方向を指差す

「カーテンの丈が少し足りなくてさ」

頭だけを上げて足側に垂れ下がるカーテンを確認。うん、微妙に短い

「せめてwwじゃなくてーーなら目が合わずに済んだのになぁ」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

こんな夢を見た

こんな夢を見た 俺は、出所した後そこそこの会社に就職し、結婚して妻や息子と幸せに暮らす。 そこで、目が覚めた。 今日は遂に出所だ。 刑務官に呼ばれ、俺は刑務所を出た。 「もう来るなよ。」 といって俺を …

彼のおかげ

「私たち幸せね・・・」 『そうだな・・・』  今日は記念日、二人はワインで乾杯した  「私たちが幸せなのも彼のおかげよね」  『ああ、全くだ』  「こうして思い切り贅沢な暮らしが出来るのもぜーんぶ彼の …

姉が体調崩したらしい

姉が体調崩したらしいとお袋に聞かされた。 結婚したものの不倫浮気だ離婚騒動だで現在もめている真っ最中だそうで。 その心労だろうとの事。 正直俺は、生来気が強くて家出同然に飛び出して行った姉貴に今更関わ …

夜道を一人で歩いていた

深夜0:00、ようやくバイトが終わった。 一人夜道を歩いていると、 後ろから「よぉ!」と言う声が。  振り返ると茶髪の男が笑顔で立っていた。  え?誰?と思っていると、  前から「あれ、お前何やってん …

新しいもの好き

俺の彼女は新しいもの好き。 だからといって古いものを捨てられず、部屋の中はまるでゴミ屋敷のよう。 あ、そこにあるのは俺があげた指輪。 その隣にあるのは元カレにもらったと言っていた腕時計。 そこにある手 …