初級

靴屋さんに手紙

投稿日:

ある日の夕暮れ、一人の少女が通りを歩いていると、杖をついた盲目の男が声をかけてきた。

「この手紙を靴屋さんに届けてくれませんか?」

少女は困っている人を助けたいという思いから快く引き受けた。

男との別れ際、何気なく振り返ってみると、盲目のはずの男が杖を使わずにシャキシャキと歩いている。

不審に思った少女は、靴屋には行かずに警察に手紙を届けた。

少女の話を聞き、手紙の内容を読んだ警察は、すぐに靴屋を家宅捜索した。

靴屋には大きな冷蔵庫があり、中から肉の塊が見つかった。

食糧難の時代に靴屋が肉の塊を保管していることなどあまり考えられないことだ。

警察の取調べに靴屋の夫婦は、肉の塊は誘拐した子供たちだと白状した。

少女に渡された手紙にはこう書かれていたという。

「今日の分は、これで最後」

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

村の掟

むかしある山奥に「五十人村」と呼ばれる村がありました その村の人口は、いつも五十人以上になることがありませんでした じつはその村には昔から人口が五十人以上になってはいけないというきびしい掟がありました …

彼氏

彼女と連絡がとれない。携帯に電話をかけても出ない。 アルバイト先は無断欠勤が続いている。家に行っても鍵がかかっていて留守のようだ。 何か事件に巻き込まれたのかもしれない。とても心配だ。 繋がらない携帯 …

特に考えなし

特に考えなしに某政党に入れたら 選挙終了後にお礼の電話があった マジで怖かった・・・  

白いワンピースの女

「日本人は女の霊を怖がるから和製ホラーの主役は女の霊が多いんだ」 とネットで読んだウンチクを話した。 姉貴はあんまり興味無さそうに「ふーん」と言った。 数日後、俺が学校から帰ってくると居間の窓から白い …

猟奇殺人者

A、B、Cの3人に猟奇殺人者からこう言われた。 「この中のだれかから右腕と左腕を1本ずつ差し出せ。さもなくば全員殺す。」 A「俺は絶対嫌だぞ!お前らがやれ。」 B「じゃあ僕が右腕を切る。」 C「私は左 …