初級

靴屋さんに手紙

投稿日:

ある日の夕暮れ、一人の少女が通りを歩いていると、杖をついた盲目の男が声をかけてきた。

「この手紙を靴屋さんに届けてくれませんか?」

少女は困っている人を助けたいという思いから快く引き受けた。

男との別れ際、何気なく振り返ってみると、盲目のはずの男が杖を使わずにシャキシャキと歩いている。

不審に思った少女は、靴屋には行かずに警察に手紙を届けた。

少女の話を聞き、手紙の内容を読んだ警察は、すぐに靴屋を家宅捜索した。

靴屋には大きな冷蔵庫があり、中から肉の塊が見つかった。

食糧難の時代に靴屋が肉の塊を保管していることなどあまり考えられないことだ。

警察の取調べに靴屋の夫婦は、肉の塊は誘拐した子供たちだと白状した。

少女に渡された手紙にはこう書かれていたという。

「今日の分は、これで最後」

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

だるまの顔

これは、僕がまだ小学校の時にある知り合い(F君)から聞いた話です。 そのF君の家は、とても古い家で押し入れには、昔使っていた物や、使わなくなった物が散乱していました。 ある時その押し入れで大きめのだる …

木箱に監禁

少年時代からとても仲がいい二人の若者がいた。 AとBと言うことにする 二人で会社を起こし、順風満帆だったが、AはBを裏切った。 多額の借金を背負わされ、苦しんでいた。 Aは結婚し、子供も産まれ幸せに過 …

本当に空気が読めない男

俺の友人の山田は本当に空気が読めない男だった。  まわりから。KY、KYってよく言われていた。  でも、人当たりはよくとてもやさしいやつだったんよ。  おれが病気のときも付きっ切りで看病してくれたりし …

no image

幽霊を乗せるタクシー

昨日夜遅くに会社に呼ばれた(クレームで) で、バスも電車もないので家までタクシー呼んだんだけど そのときの運ちゃんとの会話 運「昨日近所のレストランで刃物持った男が暴れて逃げたらしくて 僕らも注意する …

アマガエル

俺の姉は車通勤なんだけど、いつも近道として通る市道がある。 それは河沿いの、両脇が草むらになってる細い道なんだけど 田舎に住む人ならわかると思うけど、そういう道って 夏の雨が降った時とか、アマガエルが …