初級

靴屋さんに手紙

投稿日:

ある日の夕暮れ、一人の少女が通りを歩いていると、杖をついた盲目の男が声をかけてきた。

「この手紙を靴屋さんに届けてくれませんか?」

少女は困っている人を助けたいという思いから快く引き受けた。

男との別れ際、何気なく振り返ってみると、盲目のはずの男が杖を使わずにシャキシャキと歩いている。

不審に思った少女は、靴屋には行かずに警察に手紙を届けた。

少女の話を聞き、手紙の内容を読んだ警察は、すぐに靴屋を家宅捜索した。

靴屋には大きな冷蔵庫があり、中から肉の塊が見つかった。

食糧難の時代に靴屋が肉の塊を保管していることなどあまり考えられないことだ。

警察の取調べに靴屋の夫婦は、肉の塊は誘拐した子供たちだと白状した。

少女に渡された手紙にはこう書かれていたという。

「今日の分は、これで最後」

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

朝の出来事

「どれだけ生きていたいか、好きなように言ってみなさい」 低く響き渡る神々しい声で問いかけられた。 100年か?いっそのこと永遠か? しかしいきなり聞かれても困ってしまう… 「さっさと起きて、ごはん食べ …

仲が良いと評判の家族

とあるマンションの一室に、仲が良いと評判の家族が住んでいた。 しかしある日、夫婦は些細なことで喧嘩を始めた。  恐くなった娘は、思わず外へ飛び出した。  娘がいなくなったことに気づいた夫婦は、深く後悔 …

B君

ある日の夕方。 僕が自分の部屋で本を読んでいると、突然窓をバンバン!と叩く音がした。 びっくりして振り返ると、友達のB君が興奮しながら窓を叩いていた。 「A君!開けて開けて!!」 僕が慌てて窓を開ける …

特に考えなし

特に考えなしに某政党に入れたら 選挙終了後にお礼の電話があった マジで怖かった・・・  

時をかける少女

『時をかける少女』を観ていたら、もう夜の11時。 今日も無為に過ごしちゃったなー。 真琴みたいに時間が操れればいいのに。 よし、念じてみよう。時間よ戻れ、時間よ戻れ…。 ダメだー11時のままだ。 あー …