初級

村の掟

投稿日:

むかしある山奥に「五十人村」と呼ばれる村がありました

その村の人口は、いつも五十人以上になることがありませんでした

じつはその村には昔から人口が五十人以上になってはいけないというきびしい掟がありました

赤ん坊が生まれたりして51人になった場合、 その赤ん坊を殺すことで掟を守っていたのです

ある日、一組の夫婦が51人目になる子供を出産してしまいました

村人たちは「かわいそうだけど、掟は絶対だから」と赤ん坊を殺すよう母親に命じました

仕方なく、母親はどうやって子供を殺すか考えました

出来るだけ子供を苦しませたくないので、刃物などは使いたくありません
そこで母親は自分の乳房に毒を塗りました

赤ん坊がお乳を吸ったときに毒を飲ませようと考えたのです

しかし次の日死んでいたのは赤ん坊ではなく、赤ん坊の父親でした
[amazonjs asin=”B01M234L0I” locale=”JP” title=”掟の村 ~掟に従って俺と子作りをする女たち~(1) (オシリス文庫)”]

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

胸騒ぎ

ある女子大生の話 その子はマンションに一人暮らししてるんだけど、 ある夜寝てたら妙な胸騒ぎがしたんだって 気になって起きてみると、玄関の外に違和感を感じたらしい 別に特別霊感があるわけじゃないけどなん …

両想いになるおまじない

別にかっこいいわけでも、 勉強やスポーツができるわけでもなく 初めて会ったときは、なんとも思わなかったんですが、 何度か会ううちに、好きになっていきました。 毎日彼のことを想っているのに 奥手な私はア …

靴屋さんに手紙

ある日の夕暮れ、一人の少女が通りを歩いていると、杖をついた盲目の男が声をかけてきた。 「この手紙を靴屋さんに届けてくれませんか?」 少女は困っている人を助けたいという思いから快く引き受けた。 男との別 …

特に考えなし

特に考えなしに某政党に入れたら 選挙終了後にお礼の電話があった マジで怖かった・・・  

簡単なお仕事

僕たちはある家族の元で仕事をしてるんだ。 仕事っていうのはただ食べ物を食べるだけ。 凄く簡単でしょ? でもそのせいか、結構太ってきたのが最近の悩み(笑)。 1つだけ気になってることがあって、 時々僕た …