初級

時をかける少女

投稿日:

『時をかける少女』を観ていたら、もう夜の11時。

今日も無為に過ごしちゃったなー。

真琴みたいに時間が操れればいいのに。

よし、念じてみよう。時間よ戻れ、時間よ戻れ…。

ダメだー11時のままだ。

あーもう寝よ。パジャマパジャマ…あれ、私の服こんなに大きかったっけ?

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

仲が良いと評判の家族

とあるマンションの一室に、仲が良いと評判の家族が住んでいた。 しかしある日、夫婦は些細なことで喧嘩を始めた。  恐くなった娘は、思わず外へ飛び出した。  娘がいなくなったことに気づいた夫婦は、深く後悔 …

村の掟

むかしある山奥に「五十人村」と呼ばれる村がありました その村の人口は、いつも五十人以上になることがありませんでした じつはその村には昔から人口が五十人以上になってはいけないというきびしい掟がありました …

朝の出来事

「どれだけ生きていたいか、好きなように言ってみなさい」 低く響き渡る神々しい声で問いかけられた。 100年か?いっそのこと永遠か? しかしいきなり聞かれても困ってしまう… 「さっさと起きて、ごはん食べ …

足はいらんかね

ある日の放課後、 下校途中の男の子が奇妙な老婆が話しかけられた。 「足はいらんかねー、足はいらんかねー」 男の子は無視して通り過ぎようとするが、 老婆は思ったよりもしつこく 「足はいらんか〜足はいらん …

金持ちの庭

ある金持ちの男が散歩をしていると道端で雑草を食べている小汚い男に出くわした。 「なぜ君は草なんか食べてるんだ?」 「貧しくて食料を買う金がないんです。」 「それは可哀想に。今からうちに来なさい。ご馳走 …