珍問

一人暮らし

投稿日:

反対していた両親を押し切って、今日から一人暮らし。

一人で起き、朝食を食べ、ゴミを出して支度を整えた。

憧れの一人暮らしを実現できたことで私は満ち足りていた。

家に鍵をかけ、毎朝花に水をやっている近所のお婆さんに挨拶をして、

私は学校に向かった。

-珍問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

山小屋 その2

1人の男が、雪山で遭難した時のことだ。 あてもなく歩きつづけていた男は、やがて猛吹雪の中で1軒の山小屋を見つける。 男は荒れ狂う吹雪から身を守るために、山小屋の中へと入っていった。 ところが、その山小 …

にーちゃん

私は未だにどこか呆然としていた。太郎が、あんなに大事に育ててきた太郎が、突然 死んでしまい心に穴が空いたかのようだった。 にーちゃんにーちゃんと慕っていた次郎も まだ兄の死を受け入れられておらず、にー …

ぼくもサンタクロース

「わぁい、ありがとうパパ!」 「パパじゃなくて、それはサンタさんがくれたんだよ、なあママ?」 「ふふ そうね」 サンタさん サンタさん だいすき! ぼくね おっきくなったらサンタさんになるんだよ きょ …

彼女

俺はどうしようもなく彼女にひかれていた…繰り返し…思いだす、彼女との思い出。 初めて告白した時のはにかんだ笑顔、夜景を見に行って指輪を渡した時は、涙を流して、喜んだっけ。 7年間の思い出が頭を駆け巡る …

見覚えのない人間

終電が過ぎてしまって困っていた。 「あぁ、どうしよう」そんなことを何度も呟いていた。 ふと気づくと、目の前に黒いスーツを着た男が立っていた。 その男は俺と目が合うと驚いた表情をして俺にこう言った。 「 …