中級 珍問

アラビアへ出張

投稿日:

田代さんは海外出張の多い仕事だった。

どんな危険な地域でも仕事なら飛ばなくてはならなかった。

この時もアラビアへ出張していた。

貧富の差が激しいこれらの地区は

外国人にとっては大変に危険な地帯で警戒心が必要となる。

田代さんには現地に1人だけ多少日本語が出来て

信頼のおける友人Aがいた。

今回の出張もAのおかげで無事に終わった。

明日は日本に帰国する。

今日は最後の夜だった。

田代さんはAに報酬額を渡しながら言った。

「本当に毎回Aのおかげで助かっている感謝しているよ」

A「そんな事ないよ、田代さんが毎回お金くれてる私と家族が助かるね!今夜は最後の夜ね。一緒に飲みに行こう!」

こうして飲みに行った。

そこはダウンタウンで喧嘩している人がいたり、

誘って来る売春婦がいたり、

Aが一緒じゃなかったらと

ても日本人が行ける所では無い程の危険地域だった。

Aに促されるまま飲み屋に入る。

薄暗く土蔵の様な店内。

壁に直接書かれたアラビア文字が躍る。

メニューらしい。

Aと徒然なるままに話しをしていると

見知らぬゴージャスな出で立ちの男がAに話し掛けて来た。

姿からしてアラブの金持ちらしい。

そして田代さんに馴れ馴れしく終始笑顔で話し掛けて来る。

はっきりは、聞き取れないが…どうも…

「もっと面白い所に連れて行く一緒に行け」

と誘っている様だった。

Aは笑顔だったが遠回しに男の誘いを断ろうとしていた。

Aは男に見えない様に小さなメモを田代さんに渡した。

田代さんはトイレに行くふりをして席を外しメモを見た。

日本語の平仮名で

【たしろこんにちは】

と書いてあった。

Aのヤツ、今更、俺に挨拶かよ?なんだこりゃ?

意味がわからないまま席に戻ろうとした時に

壁に書かれたメニューが目に入った。

ハッとした。思い出した。

田代さんはAに急用があるから帰ろう!

と告げて男に別れを告げながらAと一緒にホテルに逃げた。

Aは笑いながら

「危なかったよ!あの男の誘いにのったら田代さん今頃死んだね!私も大事な仕事のパートナー失うところよ!これもいつかアラブの夜のいい思い出話しね!」

と言った。

-中級, 珍問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

もう見えるぞ

『もう見えるぞ。もう見えるぞ。紙と筆をもってこい』 が、臨終の言葉だったうちのじいちゃん。 未だに親類の語り草になってる。 俺は直接は聞けなかったけど、想像すると怖すぎる。 じいちゃんが死んだのは俺が …

お別れ会

今日は親友のA君が転校するのでお別れ会をやった。 みんなと別れるのが寂しいのか、A君はちょっと落ち込んでるみたいだった。 お別れ会はとても素晴らしいものだった。 途中、歌が得意なM君が歌を歌って盛り上 …

no image

気配を感じる

「本当だってば!なんか視線というか気配というか…感じるんだって。」 「感じるってあんた霊感とかないんでしょ?」 「だからそういうのじゃないんだってばぁ。ほらっ。なんか感じない?人がいるような…。」 「 …

逃げられると思ったのか

勉強もできず、人とのコミュニケーションも下手。 こんな僕は、誰にも必要とされていないんだろう。 家では父のサンドバッグ。暴力はエスカレートしていく。 とても悲しかった。 「逃げられると思ったのか」 家 …

no image

こいに落ちる音

いつものように 俺はコンビニで買ったおにぎりを持って 一人屋上へ向かった。 その日は珍しく一人先客がいた。 色の白い可愛い女の子だった。 その子と目が合った。 俺は初めて人がこいに落ちた音を聞いた。