中級 珍問

アラビアへ出張

投稿日:

田代さんは海外出張の多い仕事だった。

どんな危険な地域でも仕事なら飛ばなくてはならなかった。

この時もアラビアへ出張していた。

貧富の差が激しいこれらの地区は

外国人にとっては大変に危険な地帯で警戒心が必要となる。

田代さんには現地に1人だけ多少日本語が出来て

信頼のおける友人Aがいた。

今回の出張もAのおかげで無事に終わった。

明日は日本に帰国する。

今日は最後の夜だった。

田代さんはAに報酬額を渡しながら言った。

「本当に毎回Aのおかげで助かっている感謝しているよ」

A「そんな事ないよ、田代さんが毎回お金くれてる私と家族が助かるね!今夜は最後の夜ね。一緒に飲みに行こう!」

こうして飲みに行った。

そこはダウンタウンで喧嘩している人がいたり、

誘って来る売春婦がいたり、

Aが一緒じゃなかったらと

ても日本人が行ける所では無い程の危険地域だった。

Aに促されるまま飲み屋に入る。

薄暗く土蔵の様な店内。

壁に直接書かれたアラビア文字が躍る。

メニューらしい。

Aと徒然なるままに話しをしていると

見知らぬゴージャスな出で立ちの男がAに話し掛けて来た。

姿からしてアラブの金持ちらしい。

そして田代さんに馴れ馴れしく終始笑顔で話し掛けて来る。

はっきりは、聞き取れないが…どうも…

「もっと面白い所に連れて行く一緒に行け」

と誘っている様だった。

Aは笑顔だったが遠回しに男の誘いを断ろうとしていた。

Aは男に見えない様に小さなメモを田代さんに渡した。

田代さんはトイレに行くふりをして席を外しメモを見た。

日本語の平仮名で

【たしろこんにちは】

と書いてあった。

Aのヤツ、今更、俺に挨拶かよ?なんだこりゃ?

意味がわからないまま席に戻ろうとした時に

壁に書かれたメニューが目に入った。

ハッとした。思い出した。

田代さんはAに急用があるから帰ろう!

と告げて男に別れを告げながらAと一緒にホテルに逃げた。

Aは笑いながら

「危なかったよ!あの男の誘いにのったら田代さん今頃死んだね!私も大事な仕事のパートナー失うところよ!これもいつかアラブの夜のいい思い出話しね!」

と言った。

-中級, 珍問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

扉つきの物入れ

私の家の廊下の突き当りが袋小路になっていたのを、 定年になったばかりでヒマを持て余している父が 「スペースがもったいないので物置にする。」 と言い出して、一人で工事しはじめました。 何かに取りつかれた …

no image

テキサスのおじいさんの家に、都会から孫が遊びに来たのですが、 孫は田舎で退屈そう。そこでおじいさんは、 「猟銃を貸してやるから森で撃ってきていいぞ。この猟犬を連れて行くといい」 「うん、わかった」 そ …

不思議な箱

俺は、人の余命が少し分かるという、不思議な箱を持っている。 と言っても、そんなにすごいものではない。 路地で怪しい商品を販売している男から、面白半分で買ったものだ。 見た目は小さな木箱で、蓋を開けると …

たった一人の愛娘

今日も愛する妻が台所に立つキッチンからは実においしそうな匂いがする。 そして今日も私はいつもと同じくらいの時間に時計を見上げた。 たった一人の愛娘の帰りが、遅い。 私は今日も娘を探しに腰を上げた。 「 …

留守番

この前、他県に住む祖母が亡くなって葬式があった  俺は学校休めなかったから行けなくて留守番になった  1人は寂しいので夜友達を呼んで酒飲みながら騒いでた 深夜1時頃、友達の1人が 『あんまり遅くまで遊 …