初級

子供の頃

投稿日:

子供の頃じわじわ、っていうかもんもんした話。

ただの妄想かもしれない。

子供の頃、私は男だった。

男の名前があって、男子トイレに入ったりして、

「あなたは男の子だからパパとお風呂に行きなさい」

って母に言われたり。

クラスで一列に並ぶ時も男子の列。

写真もある。

中学生以前の私の写真は一切ないんだが、アルバムの中の家族写真にそれが重ねられて入ってた。

唯一の小さい頃の私の写真。

頭を丸めて、短パンにランニングで満面の笑みを浮かべる私。

両方の頬にあるえくぼと、右の太股にある黒い痣は彼=私である証拠だと思う。

顔立ちも同じだし。

中学生になった時、急にセーラー服を着せられたり女として扱われたりして、男じゃなくなった。

名前も女の子らしいのに変わってた。

なんかその辺がよくわからん。

体が女で心も多分女だし、今は女なんだと思うけど

昔男の子みたいに扱われてた理由がわからない。

家族に聞いても「さあ?」って感じで。

子供にありがちな空想というか、記憶の改変みたいなものなんだろうけどさ

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

潔癖症

潔癖症の男がいた。 ある日男は椅子の上に立ち、上から部屋を見渡していた。 普段見えない場所にかなり埃がが溜まっていた。 冷蔵庫の上 蛍光灯の傘の上 「今は掃除しなくていいか」 そう言って男は椅子から降 …

肝試し

夜、皆集まったのを確認してから近所の廃墟に向かった。 しばらく探索したが一向にお化けが出てくるどころか怖い事が起こらない。 もう帰るか、ってなった時に急に友達の一人が叫びだした。 見ると、 「眼鏡ぇ、 …

彼氏

彼女と連絡がとれない。携帯に電話をかけても出ない。 アルバイト先は無断欠勤が続いている。家に行っても鍵がかかっていて留守のようだ。 何か事件に巻き込まれたのかもしれない。とても心配だ。 繋がらない携帯 …

本当に空気が読めない男

俺の友人の山田は本当に空気が読めない男だった。  まわりから。KY、KYってよく言われていた。  でも、人当たりはよくとてもやさしいやつだったんよ。  おれが病気のときも付きっ切りで看病してくれたりし …

肉を全て

「ここにある肉を全て食べないと罰として貴方を殺します」 密室の中に響く無機質な声。 何を馬鹿なと言いたいが相手が真剣な事は周りの死体が物語っている。 俺は巨大な皿に山盛りの肉を見て思う。 残念だが俺は …