中級

ヤバイ失敗

投稿日:

仕事でヤバい失敗をしちまった。

会社は首になって社員寮は追い出されて最悪だった。

俺結構いい歳だし、実家の両親に泣き付くのも躊躇った。

実家には長男夫婦が同居してるし、俺の居場所なんかない。

独身だし思い残すことも特にない、

この先の人生の不安を考えたら死んでしまった方が楽だと思い、自殺することにした。

色々な自殺系サイトで方法を調べてみたが、成功者の体験談とか読んでいたら怖くなってきた。

そんなときに実家から電話がかかってきてさ、母ちゃんの声を聞いたら、

俺が死んだら泣くんだろうなー、とか思っちゃって。

やっぱり辞めにしたよ。

電話しながら俺が泣いちゃってさ、母ちゃん超心配してくれた。

仕事見付かるまでの間、実家の世話になることにしたよ。長男夫婦も歓迎してくれた。

もうすぐ甥っ子か姪っ子が産まれる予定だから、その時は遊び相手になってくれって。

そんなめでたい事の前に、俺が死んだら迷惑だったな。

思いとどまってよかった。

意気地無しってよくいわれるけど、

そのおかげで今俺は生きてるんだ。

これからは両親に親孝行出来るように頑張るよ。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

海藻

いい年をしてぶらぶらと遊び呆け、 多額の借金をこしらえた男がいた。 年老いた母親が八方頭を下げて男の借金を返してやり、 男は母親に連れられて実家へ帰ることになった。 ところが二人が乗り込んだフェリーは …

転校生

中学三年の時、Aという男子の転校生がうちのクラスに来た。  席が俺の隣になったので、休み時間に話しかけたらすぐに打ちとけた。  お互いの家族構成なんかを話してると、  ずいぶん前に死に別れた姉がいたこ …

廃トンネル

今考えると不思議な話。 どう書いていいか説明が難しいが聞いてくれ。 わたしの地元の心霊スポットに廃トンネルがある。 二年前に当時の彼女とそのトンネルに肝試しにいった時。 ガソリンの匂いがする!と彼女が …

no image

地球最後の人間

わたしは地球最後の人間だ。 謎のウイルスと、宇宙人の襲撃で わたし以外の人間は全て死んでしまった。 わたしは、とある洞窟に隠れて生き延びていた。 隠れた日から、欠かさず経過日数を 洞窟の壁に棒を書いて …

no image

テープレコーダー

男が書斎で、銃で撃たれて死んでいるのが見つかった。 男は机に突っ伏しており、手には銃が握られていた。 机の上にはテープレコーダーがあった。 刑事が再生ボタンを押すと、 「私はもう生きていけない、私には …