中級

投稿日:

ある若いカップルに子供ができてしまい、

おろそうかどうしようか悩んだあげく、産むことにした。

しかし、まだ若い二人は育てることも出来ず、

相談した結果、その子を殺すことにした・・・。

二人は夜中に湖に行き、おいてあるボートに乗って

真ん中あたりまで漕いで行った。

彼女は何度も「ごめんね、ごめんね。」

と言いながら赤ん坊を湖にポチャンっと落とした。

それから何年かして、そのカップルはようやく

結婚することになった。

そして二人の間に女の子が産まれ、幸せに暮らしていた。

その女の子が4歳くらいになったある日、その子が

突然湖に行きたいと言い出した。

父親は気が進まなかったが、あまりにしつこく言うので

仕方なく親子3人で出かけることに。

湖につくと今度は「パパ、あれ乗りたい。」

とボートの方を指さして言う。

しつこくねだられ、しぶしぶボートを借りて

湖の真ん中あたりに来たところで、女の子が

「パパ、おしっこしたい。」と言い出したので、

仕方がないと思い、周りに誰もいないのを確認して

湖にさせようと娘をだっこした。

ちょうど両足を持って、二人が同じ方向を向いていると

娘がくるっと振りかえり、「今度は落とさないでね。」 と言った・・・・・。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

古傷が痛む

──私の古傷が痛んだ 入る前から嫌な予感を感じ取っていたからだ。 私は恐る恐る玄関のドアの鍵をはずし、開けた。 気が付いたら病室にいた。 ──私の背中の古傷が痛む 同時に頭も痛い。 見回すと、近所のお …

カメラの男

「一年前、うちの大学の生徒が無人島で7人全員死んだって事件あったよな?」 「あぁ、あったな。それがどうした?」 「実は、その事件の模様を映したビデオがここにあるんだよな〜♪」 「マジで?!」「えぇ〜う …

コタツ

あなたは知らない人2人と大切な人1人、猫2匹と共に コタツに入っています。 玄関でインターホンが鳴りました。 知らない人1人が玄関に向かいました。 玄関で物音がしました。 知らない人もう1人が玄関に向 …

帰省

「おい、まだかよ?」 俺は、女房の背中に向かって言った。 どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。 「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」 確かに女 …

僕は、几帳面な母と痴呆症のじいちゃんと三人暮らしだ 明け方にじいちゃんの部屋に行ったら居なくなってたから また夜中に外にでも散歩に行こうとしたのかと思って窓を開けたら そこから転落したみたいで真下の庭 …