中級

精肉売り場

投稿日:

スーパーマーケットの奥には、肉や魚をさばいてパック詰めにしたりする場所があって、

売り場と扉で繋がっていることがよくある。

ワゴンにパック詰めされた肉や魚を乗せて出入りするから、見たことある人も多いと思う。

先日、近所のスーパーで買い物をしていると、

その扉から、店員がニ、三人あわてて出てきて

精肉売り場に来た。

「先輩、どこからどこまでがそうですか?」

「全部だ全部!!今日の分全部!!」

と、なにやらただ事ではない気配の会話をしながら、あわてて売り場の肉を片付けている。

そういえば偽装牛肉やら雪印やらの騒動もあったことだし、また何かあったのだろうか。

そう思って(半ば野次馬気分で)様子を見ていると、店の前に救急車がやってきた。

他の店員が外で応対をして、救急隊員は裏口に回っていったようだった。

食中毒患者が出たのだろうか。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

バイクが燃えている

友人のマジ体験話だけど。 夜中、山道を走ってると林が燃えていた。 車を泊めてみると、なぜか道路が真っ赤に染まっている。血だった。 そして燃えている林を見るとバイクが燃えている。 その傍らにはヘルメット …

葉書

交通事故で少年を轢き殺した男が、 母親に慰謝料を払いたいと申し出ると、断わられてしまった。 「代わりに毎月13日には、やった事を忘れないよう自分宛に葉書を送ってほしい」と、 宛名の書かれた、たくさんの …

no image

地球最後の人間

わたしは地球最後の人間だ。 謎のウイルスと、宇宙人の襲撃で わたし以外の人間は全て死んでしまった。 わたしは、とある洞窟に隠れて生き延びていた。 隠れた日から、欠かさず経過日数を 洞窟の壁に棒を書いて …

no image

呪いの真書

呪い真書を手に入れた。冒頭にこう書いてある。 「これに書かれてある手順を実行すると呪いが成就するが、 手順を間違えるとその呪いは自分に返ってきます。あなたはそれでも実行しますか?」 勿論だ。俺には許せ …

彼のおかげ

「私たち幸せね・・・」 『そうだな・・・』  今日は記念日、二人はワインで乾杯した  「私たちが幸せなのも彼のおかげよね」  『ああ、全くだ』  「こうして思い切り贅沢な暮らしが出来るのもぜーんぶ彼の …