初級

救いの薬草

投稿日:

母親と二人暮らしの少年がいました。

ある日母親が病気で倒れてしまいました。

少年は一生懸命看病しました。

医者はもって1年だろうと言いました。

少年は母親を助けたくて色々な人に話を訊きました。

とある旅人が教えてくれました。

北の山にどんな病気や怪我をした人も救える薬草があると。

旅人は薬草の絵を描いて少年に渡しました。

少年は薬草を探す旅に出ました。

北の山ということと薬草の絵だけが頼りでしたが、

何としても1年以内に見つけようと必死でした。

沢山怪我をしました。ほとんどいつもお腹が空いていました。

それでも少年は頑張りました。

そしてとうとう薬草を見つけました。

もう雪が降る季節になっていました。

間に合ってくれと、少年は急いで母親の元へ帰りました。

やっとの思いで家に付きました。

少年はもうぼろぼろでした。

幸いにも母親はまだ無事でした。

「良かった、これで母さんを治せる」

少年は薬草を煎じて母親に飲ませてあげました。

母親は死にました。

眠っている様でした。

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

思春期

父と母が別居したのは、私が中学に入る頃。 別居した父は、隣町にある小さめのマンションを借りて一人暮らしを始めた。 別居の理由はわからない。 父のマンションは中学から歩いて行ける距離だったので、私は週に …

試験

今日は大事な試験の日。 解答欄を間違えずに、ケアレスミスをしないように慎重に解いてゆく。 しかし俺は名前を記入し忘れていたのだ。 しまった!と気づいた時には手遅れでーー……という所で目が覚めた。 よか …

変なこと書いてゴメン(笑)

(以下はある日の2chの書き込みの一部である。) 456 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 2008/04/27(日) 04:44:44 id:O7kzZ8gX0 じわ怖といえば最近の俺のカー …

no image

幽霊を乗せるタクシー

昨日夜遅くに会社に呼ばれた(クレームで) で、バスも電車もないので家までタクシー呼んだんだけど そのときの運ちゃんとの会話 運「昨日近所のレストランで刃物持った男が暴れて逃げたらしくて 僕らも注意する …

心の底から望んでいる願い

「どんな願いでもかなえてやろう。ただしひとつだけ、な」 と魔神は言った。 ひとつだけ、か……。 富。 いや、名声。 いや、美女。 いや、絶対権力。 いや、不老不死。 いや、世界平和。 いや、究極の快楽 …