初級

救いの薬草

投稿日:

母親と二人暮らしの少年がいました。

ある日母親が病気で倒れてしまいました。

少年は一生懸命看病しました。

医者はもって1年だろうと言いました。

少年は母親を助けたくて色々な人に話を訊きました。

とある旅人が教えてくれました。

北の山にどんな病気や怪我をした人も救える薬草があると。

旅人は薬草の絵を描いて少年に渡しました。

少年は薬草を探す旅に出ました。

北の山ということと薬草の絵だけが頼りでしたが、

何としても1年以内に見つけようと必死でした。

沢山怪我をしました。ほとんどいつもお腹が空いていました。

それでも少年は頑張りました。

そしてとうとう薬草を見つけました。

もう雪が降る季節になっていました。

間に合ってくれと、少年は急いで母親の元へ帰りました。

やっとの思いで家に付きました。

少年はもうぼろぼろでした。

幸いにも母親はまだ無事でした。

「良かった、これで母さんを治せる」

少年は薬草を煎じて母親に飲ませてあげました。

母親は死にました。

眠っている様でした。

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

小さな男の子

だいぶ前に何かで読んだ、小学校に上がる前の小さな男の子の話です。 その子が通っていた幼稚園で乗り物をテーマに絵を描くことがあり、 子供達はそれぞれ船とか飛行機とか車とか絵を描きました。 だいたい小さい …

思春期

父と母が別居したのは、私が中学に入る頃。 別居した父は、隣町にある小さめのマンションを借りて一人暮らしを始めた。 別居の理由はわからない。 父のマンションは中学から歩いて行ける距離だったので、私は週に …

写真

ジャダルって写真家がマジ大好きなんですよ俺。 二つ好きな作品のがあって一つは「井戸の女」っていうんだ。 これがねぇまた風情があるのよアフリカ人かなんかの女が井戸の前で笑ってる訳。 その笑顔がマジ可愛い …

本当に空気が読めない男

俺の友人の山田は本当に空気が読めない男だった。  まわりから。KY、KYってよく言われていた。  でも、人当たりはよくとてもやさしいやつだったんよ。  おれが病気のときも付きっ切りで看病してくれたりし …

次の電車

駅のホームで女友達とあった。 『どの電車?』 「次の電車」 『一緒だね』 彼女は電車に乗らなかった。 僕は一時間後に次の電車に乗った。