初級

救いの薬草

投稿日:

母親と二人暮らしの少年がいました。

ある日母親が病気で倒れてしまいました。

少年は一生懸命看病しました。

医者はもって1年だろうと言いました。

少年は母親を助けたくて色々な人に話を訊きました。

とある旅人が教えてくれました。

北の山にどんな病気や怪我をした人も救える薬草があると。

旅人は薬草の絵を描いて少年に渡しました。

少年は薬草を探す旅に出ました。

北の山ということと薬草の絵だけが頼りでしたが、

何としても1年以内に見つけようと必死でした。

沢山怪我をしました。ほとんどいつもお腹が空いていました。

それでも少年は頑張りました。

そしてとうとう薬草を見つけました。

もう雪が降る季節になっていました。

間に合ってくれと、少年は急いで母親の元へ帰りました。

やっとの思いで家に付きました。

少年はもうぼろぼろでした。

幸いにも母親はまだ無事でした。

「良かった、これで母さんを治せる」

少年は薬草を煎じて母親に飲ませてあげました。

母親は死にました。

眠っている様でした。

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

B君

ある日の夕方。 僕が自分の部屋で本を読んでいると、突然窓をバンバン!と叩く音がした。 びっくりして振り返ると、友達のB君が興奮しながら窓を叩いていた。 「A君!開けて開けて!!」 僕が慌てて窓を開ける …

元彼

元彼はとにかく束縛がひどかった。 あたしが友達に送るメールの内容とかも、逐一確認してきた。 それが原因で別れて、今は違う人と付き合ってる。 でも、いまだに元彼が家の前に待ち伏せてたり、あたしの後を付け …

本当に空気が読めない男

俺の友人の山田は本当に空気が読めない男だった。  まわりから。KY、KYってよく言われていた。  でも、人当たりはよくとてもやさしいやつだったんよ。  おれが病気のときも付きっ切りで看病してくれたりし …

ゴーストライフ

俺さあ、最近死んだんだよね。 色々あって自殺。 でも気ままなゴーストライフも悪くないよ。 第一働かなくて済むし。 暇だから、俺は幽霊としていろんなところに出没してるんだけど、 最近の流行りは写真だね! …

三つの薬

「こちらの座薬は寝る前に こちらの赤い薬は食後に こちらの白い薬は食前に飲んでくださいね」 丁寧な説明に頷きながら わたしは薬を受け取り、病院を後にした。 帰ってきたわたしを心配し 玄関に駆け付けてき …