初級

静かな時計

投稿日:

日曜日、新しい時計を買ったんだ。

秒針の音が鳴らない静かな時計、って奴で

家に帰って早速寝室に取り付けてみたらマジで静か。

これで寝る時も静かに寝られる!って上機嫌になって、

普段はあんま見ない時間帯だったけどテレビ付けたらサスペンスやってたからそれ見ていつもより遅めに寝たんだ。

で、

ふと目を覚ますと目の前に知らない男が。

しかも俺の顔じっと見つめてるんだ。

「誰だよ、お前」とか聞きたかったけど声も出ないし。これって金縛り?

ひたすら震えてたら、男が俺を見つめたまま喋った。

「お前、あと数十分で粉々になるぞ」

意識がいきなりはっきりして、起き上がるとまだ夜中だった。

息が乱れて目は開いてるし、時計の音はドラマみたくコチコチでっかく鳴ってるし…なんだよもう…

あーけど、

「なんだ、夢かよ。」

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ラジオ

俺は今日、留守番で家に一人だ・・・今夜も熱帯夜か? ノドがやけに乾く日だ、すぐ水が飲める居間で過ごす事にした。 部屋が静か過ぎるので、気晴らしにヘッドホンでラジオを聞くものの やがてウトウトとして俺は …

電池交換

まだ小学校に上がる前の、ムシキング好きの男の子がいた。 ある日、その子が大切に育てていたカブトムシが死んでしまった。 男の子は動かなくなったカブトムシをじっと見ていたが、おもむろにカブトムシのお腹を引 …

壁の穴

ある地方の女子高生が東京の大学に進学が決まり、東京に一人暮らしする事になりました。 とあるマンションで生活を始めているうちに、ある日部屋に小さな穴があいているのに気づきました。 その穴は隣の部屋に続い …

仲が良いと評判の家族

とあるマンションの一室に、仲が良いと評判の家族が住んでいた。 しかしある日、夫婦は些細なことで喧嘩を始めた。  恐くなった娘は、思わず外へ飛び出した。  娘がいなくなったことに気づいた夫婦は、深く後悔 …

肉を全て

「ここにある肉を全て食べないと罰として貴方を殺します」 密室の中に響く無機質な声。 何を馬鹿なと言いたいが相手が真剣な事は周りの死体が物語っている。 俺は巨大な皿に山盛りの肉を見て思う。 残念だが俺は …