上級

敵のアジト

投稿日:

俺とAは任務で敵のアジトに潜入していた

俺は地上3階、Aは地下3階でそれぞれ作業をしていた

任務は順調に思えたが、上司から即時撤退の指示が出た

潜入は敵にばれていて爆弾が仕掛けられていたらしい

急いで出口に向かう、転げ落ちそうになりながら階段を降りていく

Aは大丈夫だろうかと考えたが奴は足の速さだけは凄かった

階段を下る俺と階段を登るアイツで同じ速度だったし心配はいらないだろう

俺が脱出すると同時に建物は爆発した

爆発の衝撃で俺は少しの間、意識を失っていたようだ

Aは無事だろうかと辺りを見渡すと少し離れたところに居やがった

Aが手招きをしている、何か言ってるようだが爆発の影響か聞こえない

まぁ、助かったんだ任務は成功とは言えないが二人で酒を飲みに行こう

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゴミ屋敷

ゴミ屋敷ってあちこちにあるよね?実は俺も、ゴミ屋敷の住人の一人だったんだ。 俺の場合きっかけは、ひとつの粗大ゴミ。その上に、集めてきたゴミをどんどん積み上げていったんだ 周囲の人が不審に思い騒ぎ出した …

自殺を試みた女の子

俺は、結構霊感がある方だと思う。  というか、幽霊がはっきり見えちゃうし話も出来ちゃうんだよね。  ある日、俺は道ばたを歩いていたら、  首にロープを巻いた女の子が寂しそうにこちらを見つめているのに気 …

来月結婚を控えている

俺は来月結婚を控えている。相手は3つ年下の仕事で知り合った梨絵 梨絵が26で俺が29の時から付き合って4年か… 自慢はなんだが梨絵は本当に美人なんだ 女性経験がほとんどないくせに面食いな俺だったが 大 …

とある少女の願い

とある病室に一人の少女がいた その少女は、生まれつき病気をもっており、不治の病という この不治の病のせいで少女は、ずっと病室で過ごしてきたのだ そんな少女に一人のお星さまが現れたのだ そして、お星さま …

霊感

Aは否定してるが実は霊が見える事を俺は知っている。 この前一緒に駅前を歩いていたら、反対側の踏切の前に老婆を背負ってる男がいた。 じっと俺たちを見ている。 踏切を渡ろうとした時、Aがぽつりとこう言った …