上級

敵のアジト

投稿日:

俺とAは任務で敵のアジトに潜入していた

俺は地上3階、Aは地下3階でそれぞれ作業をしていた

任務は順調に思えたが、上司から即時撤退の指示が出た

潜入は敵にばれていて爆弾が仕掛けられていたらしい

急いで出口に向かう、転げ落ちそうになりながら階段を降りていく

Aは大丈夫だろうかと考えたが奴は足の速さだけは凄かった

階段を下る俺と階段を登るアイツで同じ速度だったし心配はいらないだろう

俺が脱出すると同時に建物は爆発した

爆発の衝撃で俺は少しの間、意識を失っていたようだ

Aは無事だろうかと辺りを見渡すと少し離れたところに居やがった

Aが手招きをしている、何か言ってるようだが爆発の影響か聞こえない

まぁ、助かったんだ任務は成功とは言えないが二人で酒を飲みに行こう

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

でどでんこめんさん

オランダといえば、うちの田舎にこんな伝承がある。 でどでんこめんさん。 昔、江戸時代にうちの田舎に 「でどでんこめんさん」って言う鬼?が現れたらしい。 大きくて肌が赤くて異様な服を着てたらしい。 で、 …

遭難者

私は世界中を船で旅している。 有名な危険海域を航行中、船が難破し私は暗い海に放り出された。 島に流れ着き、どうにか助かったが、一体どうなってしまうのか。 何かないかと探すため歩き始めると遠目に看板のよ …

会話を再開して下さい。

最初の1人が退場させられると、円卓を囲んでいた彼の椅子もすぐさま片付けられ、4人になった僕たちの頭上からまた放送の声が流れる。 『会話を再開して下さい。』 「…いつまでこんなことやらせんだよ!?」 最 …

宝石

ある所に、Aさんという女性がおりました。 Aさんはある日、鬱蒼とした森で、綺麗な宝石が売られていたのでつい、買ってしまいました。 ところが、その日からAさんは、具合が悪くなってしまいました。 何かがお …

12/15 さて、何を書くものか。 誰かに見せるわけでもないが、何となく最初は自己紹介。 両親を墜落事故で亡くした俺は去年から妹と二人暮らし…だったのだが、 その妹は今年の春から留学中。 帰ってくるの …