上級

敵のアジト

投稿日:

俺とAは任務で敵のアジトに潜入していた

俺は地上3階、Aは地下3階でそれぞれ作業をしていた

任務は順調に思えたが、上司から即時撤退の指示が出た

潜入は敵にばれていて爆弾が仕掛けられていたらしい

急いで出口に向かう、転げ落ちそうになりながら階段を降りていく

Aは大丈夫だろうかと考えたが奴は足の速さだけは凄かった

階段を下る俺と階段を登るアイツで同じ速度だったし心配はいらないだろう

俺が脱出すると同時に建物は爆発した

爆発の衝撃で俺は少しの間、意識を失っていたようだ

Aは無事だろうかと辺りを見渡すと少し離れたところに居やがった

Aが手招きをしている、何か言ってるようだが爆発の影響か聞こえない

まぁ、助かったんだ任務は成功とは言えないが二人で酒を飲みに行こう

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

不思議な能力

ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。 毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。 男の近くの壁に寄り掛かり内容を盗み聞きした。 目の前をおばさんが通る。すると男は …

かなしんでくれるかい?

一人の女の子がいた。 性格は明るく、小学校ではたくさんの友達に囲まれていた。 また、女の子は大のおじいちゃん子で、おじいちゃんも女の子の事を本当に可愛がった。 しかし、おじいちゃんは今は入院しており、 …

家族を消して

少女のところにお星さまが降り立ちました。 「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」 お星さまはいいました。 少女は泣いていました。 「家族を消してちょうだい!あんな家族、まっぴらよ!」 次の日、少女が目 …

誘拐された子供

草木以外何も無い無人島に、誘拐された子供が連れて来られた。 子供はガムテープで口を塞がれ、手と足を縛られた 犯罪者に「ごめんなさい。許してください」と言うと、 彼は怯えた目をして手の縄を解こうともがい …

麻酔

歯医者に行って麻酔を打ってもらった。 麻酔が切れるまで何も食べてはいけないと言われた。 飲みに誘われて、焼肉に行ったが自分一人だけ食べないのはいささか惨めだ。 一枚だけ食べてみた。 何ともなかった。 …