中級

白いワンピースの女

投稿日:

夏の人ごみってうっとうしいよな。蒸れるし暑いし。

今日も、仕事で疲れてるとこに帰宅ラッシュの電車でダメージ受けて、

うんざりしながらマンションに帰ってきたんだよ。

エレベーターを待ってたのは、

おばさん、じいさん、小学生低学年くらいの男の子が2人、

男子高校生、黒いスーツの男、

背中にガキをおんぶして、幼稚園児の手を引いた若い母ちゃん。

次々に乗り込んで、最後に俺が乗った。

けど、ドアを閉めようとした時、白いワンピースの女がするりと乗ってきたんだよ。

で、「ブー」ってブザーが鳴ったんだよな。定員が九人だからさ。

恥ずかしそうに降りようとするから、代わりに俺が降りてやった。

彼女は「ありがとう」と小さく笑った。それが可愛くてさ。

まぁ、単に俺は満員が狭くて嫌なだけだったんだけどw得した気分w

そうそう、部屋に帰ってテレビつけたらニュースやっててさ、

なんかどっかのOLが行方不明なんだってよ。

それが丁度この辺で、ゾッとしたおかげでちょっと涼しくなったわ。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

エレベーター

ボタンを押すと、すぐ扉は開いた。 と、突然女性が酷い顔をして「うわあああ」狂った様に叫びながら飛び出してきて、 思わず後退りした。 その女性はそのまま繁華街へと走って消えた。 何だろう、酷い事でもされ …

2つの着信音

ある休日俺は友人2人とドライブに行った 友人Aが車を運転しながら 「こうして3人で集まるのは久しぶりだな」 助手席で俺は携帯をいじりながら 「そうだな、今日は楽しもうぜ」 後部座席で友人Cが携帯を片手 …

no image

嫁イビリ

俺の母親は嫁イビリが酷い。食事時に同席するのも嫌がる。 今日はいきなり部屋に入ってきて「掃除」と言い嫁を押し入れに閉じ込めようとした。 俺は腹が立ち「梓に何するんだ!」と母親に対して怒鳴る。 「梓って …

都市伝説

「すいません、○○温泉まで」 「…お客さん、そこ数年前から営業してませんが…」 「いいんです、お願いします」 Aはそう言ってタクシーに乗り込んだ。 そして道中、運転手にその場所に向かう理由を話すことに …

no image

気配を感じる

「本当だってば!なんか視線というか気配というか…感じるんだって。」 「感じるってあんた霊感とかないんでしょ?」 「だからそういうのじゃないんだってばぁ。ほらっ。なんか感じない?人がいるような…。」 「 …