初級

B君

投稿日:

ある日の夕方。

僕が自分の部屋で本を読んでいると、突然窓をバンバン!と叩く音がした。

びっくりして振り返ると、友達のB君が興奮しながら窓を叩いていた。

「A君!開けて開けて!!」

僕が慌てて窓を開けると同時に、物凄い勢いでB君が話し出す。

「あのさ、ついさっきの話なんだけど!!」

「ちょ、ちょっとB君、その前にさ…」

「まあ聞けって。さっき自転車乗ってたんだよ。河原走ってて」

「…うん」

「暫く走ってて、何かおかしいな〜って思って自転車降りたらさ…」

「どうしたの?」

「自転車のチェーンかけたまんまだったんだよ」

「え?」

「だから、チェーンがかかってて、タイヤが回らなかったの」

「…?それでどうやって走れるの?」

「分かんないよ。その時までは走れたんだよ。でもさ、その後はだめだった」

「だめって?」

「チェーンかかってるって事に気付いたら、走れなくなっちゃった」

「そうなんだ…」

「無意識だからできたのかなぁ…。あ、A君さっき何か言いかけてなかった?」

「え?!…あ、うん…あのさ…」

「?」

「…ここ、5階なんだけど、B君どうやってそこに立ってるの?」
[amazonjs asin=”4434200151″ locale=”JP” title=”無意識さんの力で無敵に生きる ―思い込みを捨て、自由自在の人生を手に入れる方法―”]

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

心の底から望んでいる願い

「どんな願いでもかなえてやろう。ただしひとつだけ、な」 と魔神は言った。 ひとつだけ、か……。 富。 いや、名声。 いや、美女。 いや、絶対権力。 いや、不老不死。 いや、世界平和。 いや、究極の快楽 …

アマガエル

俺の姉は車通勤なんだけど、いつも近道として通る市道がある。 それは河沿いの、両脇が草むらになってる細い道なんだけど 田舎に住む人ならわかると思うけど、そういう道って 夏の雨が降った時とか、アマガエルが …

教師という仕事

私は教師という仕事にやりがいを感じている。 教師になってかれこれ33年になるが、この仕事は人を救うことができるのだ。 教師になって10年が経った頃、私の人生の転機となる事件が起きた。 その事件とは教え …

肝試し

夜、皆集まったのを確認してから近所の廃墟に向かった。 しばらく探索したが一向にお化けが出てくるどころか怖い事が起こらない。 もう帰るか、ってなった時に急に友達の一人が叫びだした。 見ると、 「眼鏡ぇ、 …

簡単なお仕事

僕たちはある家族の元で仕事をしてるんだ。 仕事っていうのはただ食べ物を食べるだけ。 凄く簡単でしょ? でもそのせいか、結構太ってきたのが最近の悩み(笑)。 1つだけ気になってることがあって、 時々僕た …