初級

B君

投稿日:

ある日の夕方。

僕が自分の部屋で本を読んでいると、突然窓をバンバン!と叩く音がした。

びっくりして振り返ると、友達のB君が興奮しながら窓を叩いていた。

「A君!開けて開けて!!」

僕が慌てて窓を開けると同時に、物凄い勢いでB君が話し出す。

「あのさ、ついさっきの話なんだけど!!」

「ちょ、ちょっとB君、その前にさ…」

「まあ聞けって。さっき自転車乗ってたんだよ。河原走ってて」

「…うん」

「暫く走ってて、何かおかしいな〜って思って自転車降りたらさ…」

「どうしたの?」

「自転車のチェーンかけたまんまだったんだよ」

「え?」

「だから、チェーンがかかってて、タイヤが回らなかったの」

「…?それでどうやって走れるの?」

「分かんないよ。その時までは走れたんだよ。でもさ、その後はだめだった」

「だめって?」

「チェーンかかってるって事に気付いたら、走れなくなっちゃった」

「そうなんだ…」

「無意識だからできたのかなぁ…。あ、A君さっき何か言いかけてなかった?」

「え?!…あ、うん…あのさ…」

「?」

「…ここ、5階なんだけど、B君どうやってそこに立ってるの?」
[amazonjs asin=”4434200151″ locale=”JP” title=”無意識さんの力で無敵に生きる ―思い込みを捨て、自由自在の人生を手に入れる方法―”]

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

子供の頃

子供の頃じわじわ、っていうかもんもんした話。 ただの妄想かもしれない。 子供の頃、私は男だった。 男の名前があって、男子トイレに入ったりして、 「あなたは男の子だからパパとお風呂に行きなさい」 って母 …

朝の出来事

「どれだけ生きていたいか、好きなように言ってみなさい」 低く響き渡る神々しい声で問いかけられた。 100年か?いっそのこと永遠か? しかしいきなり聞かれても困ってしまう… 「さっさと起きて、ごはん食べ …

あなた

海に行きたいと言ったあなた たくさん泳ぎたいと言ったあなた 仕事が休めないと言ったら少し拗ねたあなた 友達と行ってくると言ったあなた 笑顔で喜んでいたあなた いっぱい日焼けをしてくると言ったあなた 嬉 …

no image

幽霊を乗せるタクシー

昨日夜遅くに会社に呼ばれた(クレームで) で、バスも電車もないので家までタクシー呼んだんだけど そのときの運ちゃんとの会話 運「昨日近所のレストランで刃物持った男が暴れて逃げたらしくて 僕らも注意する …

時をかける少女

『時をかける少女』を観ていたら、もう夜の11時。 今日も無為に過ごしちゃったなー。 真琴みたいに時間が操れればいいのに。 よし、念じてみよう。時間よ戻れ、時間よ戻れ…。 ダメだー11時のままだ。 あー …