初級

B君

投稿日:

ある日の夕方。

僕が自分の部屋で本を読んでいると、突然窓をバンバン!と叩く音がした。

びっくりして振り返ると、友達のB君が興奮しながら窓を叩いていた。

「A君!開けて開けて!!」

僕が慌てて窓を開けると同時に、物凄い勢いでB君が話し出す。

「あのさ、ついさっきの話なんだけど!!」

「ちょ、ちょっとB君、その前にさ…」

「まあ聞けって。さっき自転車乗ってたんだよ。河原走ってて」

「…うん」

「暫く走ってて、何かおかしいな〜って思って自転車降りたらさ…」

「どうしたの?」

「自転車のチェーンかけたまんまだったんだよ」

「え?」

「だから、チェーンがかかってて、タイヤが回らなかったの」

「…?それでどうやって走れるの?」

「分かんないよ。その時までは走れたんだよ。でもさ、その後はだめだった」

「だめって?」

「チェーンかかってるって事に気付いたら、走れなくなっちゃった」

「そうなんだ…」

「無意識だからできたのかなぁ…。あ、A君さっき何か言いかけてなかった?」

「え?!…あ、うん…あのさ…」

「?」

「…ここ、5階なんだけど、B君どうやってそこに立ってるの?」
[amazonjs asin=”4434200151″ locale=”JP” title=”無意識さんの力で無敵に生きる ―思い込みを捨て、自由自在の人生を手に入れる方法―”]

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

道路標識

道路標識の「!」  あれは「その他の危険」 の意味だけど、なんだかおかしいと思いません?  「その他」って何?  それにだいたいは「!」の下に  「倒木注意」とか「路肩注意」とか「波浪注意」とか  具 …

電池交換

まだ小学校に上がる前の、ムシキング好きの男の子がいた。 ある日、その子が大切に育てていたカブトムシが死んでしまった。 男の子は動かなくなったカブトムシをじっと見ていたが、おもむろにカブトムシのお腹を引 …

今住んでる所は古い木造の1DKアパートだけど、 周りは静かな住宅地でコンビニ、駅も結構近くて 家賃もそれなりなので気に入っていた。 で、そろそろ引っ越してきて1年経つし、連休が取れたので 大掃除しよう …

靴屋さんに手紙

ある日の夕暮れ、一人の少女が通りを歩いていると、杖をついた盲目の男が声をかけてきた。 「この手紙を靴屋さんに届けてくれませんか?」 少女は困っている人を助けたいという思いから快く引き受けた。 男との別 …

サンタクロース

クリスマス、トムはサンタクロースからのプレゼントを楽しみにしていた。 朝起きるとクリスマスツリーの下にプレゼント箱が3つあった。 窓からサンタが中を覗いているのが見える。 サンタはニタニタと笑いながら …