初級

B君

投稿日:

ある日の夕方。

僕が自分の部屋で本を読んでいると、突然窓をバンバン!と叩く音がした。

びっくりして振り返ると、友達のB君が興奮しながら窓を叩いていた。

「A君!開けて開けて!!」

僕が慌てて窓を開けると同時に、物凄い勢いでB君が話し出す。

「あのさ、ついさっきの話なんだけど!!」

「ちょ、ちょっとB君、その前にさ…」

「まあ聞けって。さっき自転車乗ってたんだよ。河原走ってて」

「…うん」

「暫く走ってて、何かおかしいな〜って思って自転車降りたらさ…」

「どうしたの?」

「自転車のチェーンかけたまんまだったんだよ」

「え?」

「だから、チェーンがかかってて、タイヤが回らなかったの」

「…?それでどうやって走れるの?」

「分かんないよ。その時までは走れたんだよ。でもさ、その後はだめだった」

「だめって?」

「チェーンかかってるって事に気付いたら、走れなくなっちゃった」

「そうなんだ…」

「無意識だからできたのかなぁ…。あ、A君さっき何か言いかけてなかった?」

「え?!…あ、うん…あのさ…」

「?」

「…ここ、5階なんだけど、B君どうやってそこに立ってるの?」
[amazonjs asin=”4434200151″ locale=”JP” title=”無意識さんの力で無敵に生きる ―思い込みを捨て、自由自在の人生を手に入れる方法―”]

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

二階建ての空き家

少し前の話だ。 仲間内の罰ゲームみたいな感じで 俺は心霊スポットに行くことになった。 そこは二階建ての空き家で、 昔起きた殺人事件で住んでた女が殺されたらしい。 んでまぁ、ちょっと勇気だして行ってきた …

no image

静かな時計

日曜日、新しい時計を買ったんだ。 秒針の音が鳴らない静かな時計、って奴で 家に帰って早速寝室に取り付けてみたらマジで静か。 これで寝る時も静かに寝られる!って上機嫌になって、 普段はあんま見ない時間帯 …

ジャガイモ

おじいさんが田舎で一人暮らしをしていました。 彼は庭でジャガイモを育てるため、土を耕したいと思っていました。 しかし老齢の彼にその畑の土は硬すぎて、掘り返すのはとても困難でした。 昔は一人息子のフレッ …

試験

今日は大事な試験の日。 解答欄を間違えずに、ケアレスミスをしないように慎重に解いてゆく。 しかし俺は名前を記入し忘れていたのだ。 しまった!と気づいた時には手遅れでーー……という所で目が覚めた。 よか …

読者の手紙

昔、某月刊少女漫画誌の読者の手紙を紹介するコーナーに書いてあった話。 その月のお題は『お母さん』で、みんなお母さんありがとう的な内容だった。 その中で一際目立っていたソレ。 『むかし、お母さんが死ねば …