中級

姉の心臓位置にある骨

投稿日:

姉が亡くなった。

優しい姉だった。

まだ死ぬには早すぎた。

眠っているように見えた。

姉の体を焼く前に最後の対面をした。

静かに胸の前で重ねられた腕に私は優しくキスをした。

それからすぐに姉は焼かれた。

1時間程立っただろうか。

焼かれた姉の全身が出てきた。

姉であって姉でないその姿に私は涙した。

骨壺に入れるのは私が最初だった。

涙を拭きながら私は迷う事なく姉の心臓位置にある骨を取った。

お姉ちゃん。。 大好きだからね  

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ストーカー

今日もまた上司に怒鳴られた。 OL仲間の間でもかなり評判が悪いハゲだ。 「私のストーカーの犯人はあのハゲだったりして…。」 そんなことを考えつつ帰宅した。 家といっても、たった二部屋しかないボロアパー …

妻の様子がおかしい

最近、妻の様子がおかしい 遠くの方を見て考え事をしている時間が増えたし、 私との会話でも、そっけない返事をするばかりで、どこか上の空だ。 ―――学生時代、バスケットボール部のエースだった私と マネージ …

no image

テープレコーダー

男が書斎で、銃で撃たれて死んでいるのが見つかった。 男は机に突っ伏しており、手には銃が握られていた。 机の上にはテープレコーダーがあった。 刑事が再生ボタンを押すと、 「私はもう生きていけない、私には …

いじめ

私は中学生の頃いじめにあっていた。でも、トラウマになったりはしていない。 真由美ちゃんという女の子のおかげだ。 真由美ちゃんは可愛くて頭が良くて運動も出来て、人気者だった。 クラス全員に無視される中、 …

社長

前の会社で2億の機械を俺のミスでぶっ壊した時 社長はショックで声がでなくなりながらも振り絞るように 「君に怪我がなくてよかった。機械はまた買えばいい」と言ってくれた その時、俺はこの社長に一生ついて行 …