中級

カプセル

投稿日:

俺は東京、恵美子は地元の大学へ進む事になった。

付き合った2年間で、一番思い出深いものをカプセルに入れ、

校舎裏にある一番大きな松の木の下に埋めた。

俺たちが今後結婚することになった時だけ一緒に掘り起こそうと二人できめた。

何をカプセルに入れたのかはお互い秘密。

もしも結婚しなかった場合は、ずっとそのままにしておく事も誓い合った。

進学して1年後、恵美子は交通事故で亡くなったと地元の友達から連絡が入った。

あれから10年。大学時代に出来た恋人と結婚することになった。

俺は、婚約者に過去の思い出を全て隠さずに話した。

彼女は

「私たち、亡くなった美恵子さんの分まで幸せになろうね」

と言ってくれた。

昔埋めた思い出のカプセルを彼女が美恵子の替わりとして

一緒に掘り起こしたいと言った。

俺は美恵子と結婚しなかったらそのままにすると言う約束を彼女に伝えた。

「だから美恵子さんの思いも私が引き継ぐつもりなの」

そう言って聞く耳を持たない。

恐らく、美恵子に対する嫉妬の思いも少しはあるのだろう。

そして結婚式の直前の休日にカプセルを掘り起こした。

俺は美恵子が編んでくれたマフラーを取り出し、彼女に見せた。

彼女は少し不機嫌そうな顔だったが、すぐに美恵子が埋めたカプセルを開けた。

カプセルには、握りこぶしほどの黒い塊が入っていた。

良く見ると小さな手足、産毛の生えた頭があった。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

救助

「おい!しっかりしろ!」 温かい液体が、俺の顔に落ちてくる。 生臭い… 多分、血だろう… 「大丈夫だ!もうすぐ救助隊が来てくれるからな!」 俺は、暗闇でそう叫ぶおじさんに元気付けられた。 数時間後… …

no image

気が滅入ってしまう

私は仕事の時はいつも電車に乗っている。 今日も電車に乗っていると、突然目の前に女性が現れた。 ああ、またか。気が滅入ってしまう

アラビアへ出張

田代さんは海外出張の多い仕事だった。 どんな危険な地域でも仕事なら飛ばなくてはならなかった。 この時もアラビアへ出張していた。 貧富の差が激しいこれらの地区は 外国人にとっては大変に危険な地帯で警戒心 …

酷いイジメ

可哀想な女の子の話。 女の子は学校で毎日酷いイジメにあっていた。 同じクラスの女子生徒に人目につかない所に連れて行かれ 周囲にわからないようにイジメられていた。 ある日その女の子は学校のトイレで自殺し …

忠犬

ばあちゃんの知人は三匹の犬飼っていた。 ある日ばあちゃんが知人宅を訪れると庭で孤独死していた知人と弱りきった一匹の犬を発見。 他の二匹は鎖に繋がれた首輪だけ残して逃走していた。 知人の死体の腐り具合か …