中級

赤ん坊の泣き声

投稿日:

うちの知人は、会った事のないアパートのお隣さんの赤ん坊が

どうなっているのか気になるのだという。

あった事ないのに赤ん坊がいるのを知っているのは、

時々鳴き声がしたり、ベランダに赤ちゃんの服が干してあったから。 

うち「気になる赤ちゃんの泣き声…虐待の疑いがあるとか?」 

知人「いや、弟の子守した事あるから分かるけど、赤ん坊はあのくらい普通に泣く。」 

うち「じゃあ、何が気になるの・・・夜泣きがひどいとか?」 

知人「いや…あ、ちょうど聞こえてきた。」  

赤ん坊の泣き声が確かに隣から聞こえてきたが、 

そんなに気になるほどでもない。 

知人「オレがここに越してきて5年間、ずっとあの程度だから眠れないってことはないんだけど・・・」  

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

霊感

彼には霊感があった。 戦争や殺人のあったところに行くと、必ず見る。 霊なのだろうそいつらは大抵血走った目やうらめしそうな目をしてじとっとこっちを見ている。 今日彼は仕事でとあるビルにいた。 彼の職業は …

パチンコ玉

とてもうるさい店だったので、その男は耳栓替りにパチンコ玉を左右の耳に詰めた。 ところがあまりぎゅうぎゅう耳の奥に詰め込んだので、抜けなくなった。 耳掻きで取りだそうにも、耳掻きを入れる隙間もない。 そ …

砂漠の旅

ある青年が、らくだと共に砂漠を旅していました。 しかし思った以上に長く続く砂漠に、若い青年の性欲は耐える事が出来ませんでした。 そこで青年は思い付きました。 「そうだ!らくだとやろう!」 青年はらくだ …

クローバー

最近、近所で連続殺人事件が起きている。 被害者は全て同じ小学校の子供です。 その犯行はとても残虐で、死体は見るに耐えないカタチになっているという。 事件現場に供えられた沢山の花たち。 しかしその中にク …

忠犬

ばあちゃんの知人は三匹の犬飼っていた。 ある日ばあちゃんが知人宅を訪れると庭で孤独死していた知人と弱りきった一匹の犬を発見。 他の二匹は鎖に繋がれた首輪だけ残して逃走していた。 知人の死体の腐り具合か …