初級

自転車のカゴ

投稿日:

昔から霊感の強かった叔母は、その日もイヤなものに出会ったという。

前から自転車を一生懸命こいでるおばちゃんが目に入った。

坂道でもない平坦な道なのに、そのおばちゃんは汗をかきながら苦しそうに自転車をこいでいる。

はて?

そう思った叔母が遠目ながらその自転車のカゴを見ると、

なんと生首が乗っかっているではないか。

眼球が無くぽっかり空いた空洞が、そのおばちゃんをにらんでいた。

「あれはとんでもなく悪い霊だ、あの人に教えてあげなきゃ…。
でも、まともに相手してくれないだろうけど…。」

と、叔母はそのおばちゃんに話しかけようか迷っていたが、

やはりこのままでは良くないと伝える決意をした。

そして、いよいよそのおばちゃんとすれ違うとき。

「あの」

と言い掛けたその瞬間、おばちゃんがポツリと言った。

「知ってます」

[amazonjs asin=”B00DQ111VC” locale=”JP” title=”DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) ダイヤルコンボワイヤーロック パスワード自由設定型 コンパクト自転車錠 全長650mm 断面径12mm DKL101-BK”]

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

白いワンピースの女

「日本人は女の霊を怖がるから和製ホラーの主役は女の霊が多いんだ」 とネットで読んだウンチクを話した。 姉貴はあんまり興味無さそうに「ふーん」と言った。 数日後、俺が学校から帰ってくると居間の窓から白い …

朝の出来事

「どれだけ生きていたいか、好きなように言ってみなさい」 低く響き渡る神々しい声で問いかけられた。 100年か?いっそのこと永遠か? しかしいきなり聞かれても困ってしまう… 「さっさと起きて、ごはん食べ …

元彼

元彼はとにかく束縛がひどかった。 あたしが友達に送るメールの内容とかも、逐一確認してきた。 それが原因で別れて、今は違う人と付き合ってる。 でも、いまだに元彼が家の前に待ち伏せてたり、あたしの後を付け …

no image

星がきれい

とある日、マイケルは恋人のフローレンスを誘い、星を見ることにした。 マ「星がきれいだね、フローレンス」  フ「そうねマイケル。てゆうか、あなたってそんなに星が好きだったのね!」 マ「僕の頼みを聞いてく …

B君

ある日の夕方。 僕が自分の部屋で本を読んでいると、突然窓をバンバン!と叩く音がした。 びっくりして振り返ると、友達のB君が興奮しながら窓を叩いていた。 「A君!開けて開けて!!」 僕が慌てて窓を開ける …