初級

自転車のカゴ

投稿日:

昔から霊感の強かった叔母は、その日もイヤなものに出会ったという。

前から自転車を一生懸命こいでるおばちゃんが目に入った。

坂道でもない平坦な道なのに、そのおばちゃんは汗をかきながら苦しそうに自転車をこいでいる。

はて?

そう思った叔母が遠目ながらその自転車のカゴを見ると、

なんと生首が乗っかっているではないか。

眼球が無くぽっかり空いた空洞が、そのおばちゃんをにらんでいた。

「あれはとんでもなく悪い霊だ、あの人に教えてあげなきゃ…。
でも、まともに相手してくれないだろうけど…。」

と、叔母はそのおばちゃんに話しかけようか迷っていたが、

やはりこのままでは良くないと伝える決意をした。

そして、いよいよそのおばちゃんとすれ違うとき。

「あの」

と言い掛けたその瞬間、おばちゃんがポツリと言った。

「知ってます」

[amazonjs asin=”B00DQ111VC” locale=”JP” title=”DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) ダイヤルコンボワイヤーロック パスワード自由設定型 コンパクト自転車錠 全長650mm 断面径12mm DKL101-BK”]

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

足はいらんかね

ある日の放課後、 下校途中の男の子が奇妙な老婆が話しかけられた。 「足はいらんかねー、足はいらんかねー」 男の子は無視して通り過ぎようとするが、 老婆は思ったよりもしつこく 「足はいらんか〜足はいらん …

本当に空気が読めない男

俺の友人の山田は本当に空気が読めない男だった。  まわりから。KY、KYってよく言われていた。  でも、人当たりはよくとてもやさしいやつだったんよ。  おれが病気のときも付きっ切りで看病してくれたりし …

肝試し

夜、皆集まったのを確認してから近所の廃墟に向かった。 しばらく探索したが一向にお化けが出てくるどころか怖い事が起こらない。 もう帰るか、ってなった時に急に友達の一人が叫びだした。 見ると、 「眼鏡ぇ、 …

サンタクロース

クリスマス、トムはサンタクロースからのプレゼントを楽しみにしていた。 朝起きるとクリスマスツリーの下にプレゼント箱が3つあった。 窓からサンタが中を覗いているのが見える。 サンタはニタニタと笑いながら …

仲が良いと評判の家族

とあるマンションの一室に、仲が良いと評判の家族が住んでいた。 しかしある日、夫婦は些細なことで喧嘩を始めた。  恐くなった娘は、思わず外へ飛び出した。  娘がいなくなったことに気づいた夫婦は、深く後悔 …