初級

肝試し

投稿日:

夜、皆集まったのを確認してから近所の廃墟に向かった。

しばらく探索したが一向にお化けが出てくるどころか怖い事が起こらない。

もう帰るか、ってなった時に急に友達の一人が叫びだした。

見ると、

「眼鏡ぇ、眼鏡ぇ」

と叫んでいた。

眼鏡ぐらいいいだろ。

どーせお前の伊達眼鏡なんだから・・・

とか思いながら、気味が悪かったのでみんな帰宅した。

[amazonjs asin=”B01MSTUBHF” locale=”JP” title=”Cyxus(シクサズ) だて眼鏡 クリア透明レンズ レトロ ファッション復古デザイン 伊達メガネ 超軽量ノーズパッド 男女兼用”]

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

子供の頃

子供の頃じわじわ、っていうかもんもんした話。 ただの妄想かもしれない。 子供の頃、私は男だった。 男の名前があって、男子トイレに入ったりして、 「あなたは男の子だからパパとお風呂に行きなさい」 って母 …

no image

幽霊を乗せるタクシー

昨日夜遅くに会社に呼ばれた(クレームで) で、バスも電車もないので家までタクシー呼んだんだけど そのときの運ちゃんとの会話 運「昨日近所のレストランで刃物持った男が暴れて逃げたらしくて 僕らも注意する …

猟奇殺人者

A、B、Cの3人に猟奇殺人者からこう言われた。 「この中のだれかから右腕と左腕を1本ずつ差し出せ。さもなくば全員殺す。」 A「俺は絶対嫌だぞ!お前らがやれ。」 B「じゃあ僕が右腕を切る。」 C「私は左 …

靴屋さんに手紙

ある日の夕暮れ、一人の少女が通りを歩いていると、杖をついた盲目の男が声をかけてきた。 「この手紙を靴屋さんに届けてくれませんか?」 少女は困っている人を助けたいという思いから快く引き受けた。 男との別 …

次の電車

駅のホームで女友達とあった。 『どの電車?』 「次の電車」 『一緒だね』 彼女は電車に乗らなかった。 僕は一時間後に次の電車に乗った。