上級

自殺を試みた女の子

投稿日:

俺は、結構霊感がある方だと思う。 

というか、幽霊がはっきり見えちゃうし話も出来ちゃうんだよね。 

ある日、俺は道ばたを歩いていたら、 

首にロープを巻いた女の子が寂しそうにこちらを見つめているのに気がついた。 

明らかに生身の人間じゃなくて、でも死霊でもない。 

俺は、その娘に話しかけてみた。 

「君、生霊だよね。駄目じゃない、身体から離れたりしたら。」 

「うわあ、お兄ちゃん、私が見えるの!?」 

久々の会話で、女の子は嬉しそうだった。 

どうやら、彼女はずっとこの付近を彷徨っていたらしい。 

肉体から離れて随分経ってるみたいだ。 

今まで俺が見てきた生霊の中でも、この娘はかなり死霊に近い。 

早く肉体に戻らないと生命に関わるだろう。 

女の子は、しかし悲しそうに自分の首のロープを持ち上げて、答えた。 

「ううん、戻れないの。私、首吊って自殺して……もう肉体は手遅れなんだって。」 

「う〜ん、参ったな。悪いけど、じゃあ僕にはどうしようもないよ。そのうち君の肉体が死んで死霊になると思うから、その時はちゃんと成仏して、生まれ変わったら絶対に自殺しちゃ駄目だよ。」 

「無理だよ。」 

女の子は、自分の首に巻かれたロープを見つめて、呟いた。 

「だって、私天国いけないもん。自殺、しちゃったから……。嫌だよ。私、地獄に行きたくないよ。助けて……。」 

女の子の目から涙が溢れてきた。 

堰を切ったように泣き出した。 

参ったなあ。 

俺、女の子の涙には弱いんだよ。 

何とかして、彼女を助けてあげたくなった。 

「うわ、泣くなって。大丈夫。まだ君は死んでないんだろ?じゃあ手はある。

君を地獄になんか落とさせやしないから!!」 

俺の言葉で、彼女は潤んだ眼で俺を見上げる。 

まずいな、約束しちゃったよ。 

「君の身体が、放っておいても死んでしまう状態なのは確実なんだね?」 

女の子は頷いた。もうヤケだ。 

とことんこの娘に付き合ってやろうじゃないか。 

「わかった。じゃあ、君の入院している病院と、その病室を教えて欲しい。」  

翌日、新聞でニュースを確認する。 

心は痛む。 

だが、これで彼女の自殺は未遂に終わったのだ。

「これで良いんだよな。」

 俺が呟いたとき、 

「——ありがとう。お兄ちゃん。」 

彼女の声が、聞こえた気がした。  

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

俺とユウキとアズ

俺とユウキとアズの3人は小さい頃からの幼馴染だ。 3人の親の仲が良かったので家族ぐるみでの付き合いをしていた。 俺達が中学2年生の時アズの母親が交通事故で亡くなった。 アズとアズのおじちゃんはとても泣 …

不思議な能力

ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。 毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。 男の近くの壁に寄り掛かり内容を盗み聞きした。 目の前をおばさんが通る。すると男は …

サウナ

銭湯に行った。 あがる前にサウナで一汗かくのが俺の日課だ。 俺が入って1分くらいで、男が1人入って来た。 勝負だ。コイツが出るまで俺は出ない。 これも日課だ。 10分経過。相手の男は軽く100キロはあ …

右手

私の母は優しい保母さんだったそうで 私の父は趣味がギターの普通の会社員でした。 そうした円満な夫婦のもとに産まれたのですが、 私にはなぜか右手がなかったのです。 母は大変ショックを受け。私を産んだ後に …

誘拐された子供

草木以外何も無い無人島に、誘拐された子供が連れて来られた。 子供はガムテープで口を塞がれ、手と足を縛られた 犯罪者に「ごめんなさい。許してください」と言うと、 彼は怯えた目をして手の縄を解こうともがい …