中級

サンタクロースに会ってしまった

投稿日:

俺はサンタクロースに会ってしまった

去年 妻が交通事故で死んで以来 俺は悲しみで自暴自棄になり自堕落な生活を送っていた

仕事もしないで毎日酒を飲んでは寝ているばかりだった

そんな頃

クリスマスの日の夜のことだった

寝ている俺の脇に何か人影のようなものが立って俺を見下ろしていた

気配でわかる

生きた人間ではない

何か明らかにこの世の存在ではない何かだな

そいつは俺の前に屈みこんで言ったんだ

『おめでとう!貴方は選ばれたラッキーな人です。私が貴方の願い事を何でも叶えて差し上げましょう』

寝惚けながら俺は考えた

そう今日はクリスマス

じゃあ相手はサンタクロースだ

クリスマスプレゼントを俺に渡しに来てくれたんだ

俺の脳裏に妻との生活がありありと蘇ってきた

俺は殆ど無意識に言ったような気がする

『妻に会いたい』と・・・。

朝起きたら当然そいつの姿は消えていた、何の痕跡も残さずに

そう昨日はクリスマス

じゃああれはサンタクロース!?

いや、まさかな

そんなことがあるはずもない

真夜中のことで俺も寝惚けてたし夢でも見たんだろう

テレビを点けると今晩から今朝にかけて起きた主婦連続誘拐事件のニュースで持ち切りだった

この近辺の主婦十数人が突然正体不明の何者かに襲われて連れ去られたという事件

世の中は物騒になってきたな

そんな時俺の家の前で大きな物が次々に落とされる音が聞こえてきた

何だろう

ゴミの不法投棄かな

本当にやめて欲しい

すると今度は外から嘲笑うような声が聞こえてきた

『メリークリスマス!!』

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

車の中で目覚めた

朝、車の中で目覚めた。 昨夜は重労働だったもんだから ついつい車を路上に停めて寝こんでしまったのだった。 あくびしながら後部座席から身を起こすと、 両耳から聞こえてくるどよめきとざわめき。 眠い目をこ …

ワケの分からないこと

俺が公園のベンチに座っていると、突然知らない女が話しかけてきた。 女はワケのわからないことを俺に言ってくる。 気持ち悪い女だと思い適当にあしらって帰ろうとしたが、いきなり俺の妻は死んだとか言いだしたの …

医師の谷

医師の谷です。犬に犬確か縫い縫い縫いぬ犬犬犬犬か下縫いに縫いすます 朗々と遠のきし風から風か四季の音示せ 掃きて清め見るとも黴を美化理屈を作り黴を美化しても 担う男の子の出る日 頬の笑み三重頬は三重 …

大事な探し物が書かれた紙

3月。 寒さの中にも春の陽気がちらつき始めている東京。 駅のホームで電車を待つ。 憧れの駅。 賑やかなホーム。 周りで待つ人々。 4月から始まる新しい春に想いを寄せているみたいだ。 泣いてる人がいる。 …

no image

お化け屋敷

夏休みって事で彼と遊園地のお化け屋敷に入った。 とにかく私は怖がりで、中が真っ暗なだけでもうガクブル。 彼の腕を肘ごと抱え込んで、目もつぶって俯きながら歩いた。 彼に胸が肘に当って気持ちいいwとか言わ …