中級

不思議な箱

投稿日:

俺は、人の余命が少し分かるという、不思議な箱を持っている。

と言っても、そんなにすごいものではない。

路地で怪しい商品を販売している男から、面白半分で買ったものだ。

見た目は小さな木箱で、蓋を開けるとデジタル時計のセグが2ケタだけ書かれている。

そのセグは、何もしなければ全て点灯した状態になっている。

しかし誰かに向けてこの木箱をかざすと、セグの表示が変わってデジタル数字を表す。

これは、その人の余命を「分」で表した場合の下2ケタの数を表しているのだ。

例えばこの木箱を誰かにかざしたとき、セグが「32」と点灯したとする。

この場合、その人の余命は32分か、132分か……あるいは100万32分とか、もっと多いのかも知れない。

だから、結局これは暇つぶし程度にしか役に立たない。

今日、海外出張で飛行機に乗り、長いフライトの暇つぶしにこの木箱をいじっていた。

蓋を開け、何の気なしに適当な乗客に木箱をかざしてみる。

ところが、おかしなことにデジタル表示が変化しない。

日本人も、外国人も、誰にかざしても表示がぴくりとも動かないのだ。

ついに壊れたかと思いながら、俺は木箱の蓋を閉じようとした。

その瞬間、数字が「87」と点灯し、

俺はこの木箱が壊れていないということに気づいた。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

病院

友人と2人で病院に行った。 有名な所なので、待合室は混み合っている。 「あーあ、こんなに人が多いなら、来なけりゃ良かったな。」友人がため息をつく。 いよいよ診察室に入ろうとした時、待合室にいた友人が突 …

家族がバラバラ

美紀は食卓の上の残り物を眺めながら、物憂げな表情を浮かべていた。 向かいの席には行儀の悪い弟が食卓に足を投げ出しテレビに目を向けている。 父と母のいる隣の部屋からは紅白歌合戦が聞こえてくる。 今年大流 …

雪山で遭難

雪山で遭難したあるグループの話 A「だから俺は反対したんだ!」 B「今更そんなコト言ってもしかたないだろう!」 D「うるせーぞ!」 E「落ち着け、喧嘩しても腹が減るだけだ」 F「また食料も尽きかけてる …

同棲

お隣さんは同棲しているらしい。 彼氏と彼女、別々に良く見掛けるけど一緒に居る所はまだ見た事ない。 今朝荷物を運び出す彼女さんを見掛けて話し掛けたら、 押入れの天袋が開かなかったり物が無くなったり気持ち …

no image

大きな物音

どっすーーん!!! 2階から大きな物音が聞こえた。 え!?何の音!? 今、2階には父がいるはず。 そういえば、今日は朝から調子が悪そうだった。 いやな予感がして、2階に駆け上がる。 お父さん、まさか倒 …

PREV
潔癖症
NEXT
病院