中級

敵国兵

投稿日:

A国が、敵国と戦争をしていた頃の話。

私はA国兵として、前線で戦っていた。

命令は単純で、「敵国兵を見つけたら皆殺しにせよ」である。

その命令通り私は敵国兵を何人も殺し、成果を挙げてきた。

しかし私は、ふとした隙を突かれて敵国兵に捕えられてしまった。

捕まった私は敵国の城まで連行され、牢へ入れられた。

私は牢の見張りが1人になった時を狙い、その見張りの兵を殺した。

そして服を奪い、それを身に着けることで脱獄に成功した。

敵国は甘い。

捕えた時点で私を殺していれば、このようなことは無かったのだ。

私が脱獄したことに気づいた兵は1人もいなかった。

だが、牢で1人の兵士が倒れているのが発見されるのも時間の問題だろう。

一刻も早く、私は城から遠ざかる必要がある。

私は急いでA国軍の前線を目指した。

あれから何日歩いただろうか。

食べる物もなく痩せこけ、髪を振り乱した姿は惨めであるに違いない。

私はこのままA国軍に合流すること無く、力尽きてしまうのだろうか。

そう思っていた矢先、遠くにA国の旗を見つけた。

私は喜び、その旗を目指して最後の力を振り絞り、走った。

これでやっと私は、A国軍の前線へ合流できるのだ。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

未来の予言

1980年のある日、 撤去予定された家屋の中を作業員が整理していると、 子供が書いた筆跡があるノートを見つけた。 書いてあった内容は未来の予言のようなもので、 「平成10年 富士山噴火 平成20年 日 …

中古の一軒家

子どもも出来て、アパートも手狭になったので、中古の一軒家を買った。 それが、築3年で庭付き駅近、信じられないような格安物件だったんだ。 友人には「事故物件じゃね?」なんて言われたけど、ご近所さんも気さ …

no image

怪我をしたかわいそうな動物に寄付を

大昔、とあるホームページで、「怪我をしたかわいそうな動物に寄付を」 というのがあった。片足が無い犬や、内臓が飛び出た猫たちの画像があり、 目を背けたくなるようなものばかり。 だが、回復経過の画像を順を …

no image

嫁イビリ

俺の母親は嫁イビリが酷い。食事時に同席するのも嫌がる。 今日はいきなり部屋に入ってきて「掃除」と言い嫁を押し入れに閉じ込めようとした。 俺は腹が立ち「梓に何するんだ!」と母親に対して怒鳴る。 「梓って …

no image

銭湯

今日、銭湯に行って髪を洗ってたら 一つ開いた隣の席のおっさんが、ずっと歯を磨いてたw 俺は身体を洗って、風呂に入って、また髪を洗うために シャワーのとこに座ったら、おっさん、まだ歯を磨いてたw 俺はそ …

PREV
喧嘩
NEXT
彼氏