中級

砂漠の旅

投稿日:

ある青年が、らくだと共に砂漠を旅していました。

しかし思った以上に長く続く砂漠に、若い青年の性欲は耐える事が出来ませんでした。

そこで青年は思い付きました。

「そうだ!らくだとやろう!」

青年はらくだの後ろへまわると早速自分のものを入れようとしました。

しかしその時らくだはトトッと数歩前へ。

それに青年が近づき再びチャレンジ。

しかしらくだはまたもやトトッと数歩前へ。

その後、何度も試したけど同じ事の繰り返し。

青年は行為をあきらめ、再びらくだと旅を続けました。

そしてしばらく歩いていると、なんと前方にきれいな女性が倒れているではありませんか!

青年は女性に言いました。

青年:「大丈夫ですか?」

女: 「あ、、の、のどが乾いて死にそうなんです。。。」

青年はここぞとばかりに言いました。

青年:「じゃあ、水をあげたらなんでも言う事をきいてくれますか?」

女: (ためらって)「はい、言う通りにします……。」

青年は水をあげた。

女: 「ああ、ありがとうございました。おかげで助かりました。」

青年:「よし。言う事をきいてもらうぞ。」

女: 「……はい」

青年:「よし。じゃあ、そのラクダの背中を押さえていてくれ」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

にーちゃん

私は未だにどこか呆然としていた。太郎が、あんなに大事に育ててきた太郎が、突然 死んでしまい心に穴が空いたかのようだった。 にーちゃんにーちゃんと慕っていた次郎も まだ兄の死を受け入れられておらず、にー …

海と山

子どもA「ボクんち、みんなで自動車に乗って海へ行ったんだぞ」 子どもB(ボクんちだって、みんなで自動車に乗って山へ行ったんだぞ) 子どもA「砂浜に穴を掘ってパパを埋めたんだ」 子どもB(ボクんちだって …

こんな夢を見た

こんな夢を見た 俺は、出所した後そこそこの会社に就職し、結婚して妻や息子と幸せに暮らす。 そこで、目が覚めた。 今日は遂に出所だ。 刑務官に呼ばれ、俺は刑務所を出た。 「もう来るなよ。」 といって俺を …

no image

公園の砂場

少女が公園で遊んでいた 母はそれをしばらく見て先に家に帰った 夕飯時になりその子が家に帰ってきた しかし左目を痛そうに擦っている 母が「どうしたの?」と聞くと娘は 「公園の砂場で目が砂に入っちゃって取 …

都市伝説

「すいません、○○温泉まで」 「…お客さん、そこ数年前から営業してませんが…」 「いいんです、お願いします」 Aはそう言ってタクシーに乗り込んだ。 そして道中、運転手にその場所に向かう理由を話すことに …