中級

砂漠の旅

投稿日:

ある青年が、らくだと共に砂漠を旅していました。

しかし思った以上に長く続く砂漠に、若い青年の性欲は耐える事が出来ませんでした。

そこで青年は思い付きました。

「そうだ!らくだとやろう!」

青年はらくだの後ろへまわると早速自分のものを入れようとしました。

しかしその時らくだはトトッと数歩前へ。

それに青年が近づき再びチャレンジ。

しかしらくだはまたもやトトッと数歩前へ。

その後、何度も試したけど同じ事の繰り返し。

青年は行為をあきらめ、再びらくだと旅を続けました。

そしてしばらく歩いていると、なんと前方にきれいな女性が倒れているではありませんか!

青年は女性に言いました。

青年:「大丈夫ですか?」

女: 「あ、、の、のどが乾いて死にそうなんです。。。」

青年はここぞとばかりに言いました。

青年:「じゃあ、水をあげたらなんでも言う事をきいてくれますか?」

女: (ためらって)「はい、言う通りにします……。」

青年は水をあげた。

女: 「ああ、ありがとうございました。おかげで助かりました。」

青年:「よし。言う事をきいてもらうぞ。」

女: 「……はい」

青年:「よし。じゃあ、そのラクダの背中を押さえていてくれ」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

写メ

妹「(俺の友達)くん遊びに来んかな」 俺「(俺の友達)?なんで?」 妹「呼んでくれん?」 俺「うちに?呼んでどーすんの」 妹「ちょっと一緒に写メ撮ってもらいたい」 俺「え、何、好きなん」 妹「いや、私 …

2つの着信音

ある休日俺は友人2人とドライブに行った 友人Aが車を運転しながら 「こうして3人で集まるのは久しぶりだな」 助手席で俺は携帯をいじりながら 「そうだな、今日は楽しもうぜ」 後部座席で友人Cが携帯を片手 …

濃厚ピーチ

ある日街をあるいてたら変な自販機をみつけたの。 普通の自販機の1.5倍くらいあるくせに、売ってるジュースは二つ。 ジュース名は『濃厚ピーチ』と『ほんわかグレープ』。 100円で安かったし、ちょうど喉も …

ワケの分からないこと

俺が公園のベンチに座っていると、突然知らない女が話しかけてきた。 女はワケのわからないことを俺に言ってくる。 気持ち悪い女だと思い適当にあしらって帰ろうとしたが、いきなり俺の妻は死んだとか言いだしたの …

斑点

俺がまだ中学生だった時、体がいつも痣だらけだから『斑点』ってあだ名で呼ばれてる女の子がいた。 『斑点』のお父さんが普段から暴力的らしく、クラスメイトがよく『斑点』と彼女のお母さんが二人で泣いているのを …