中級

救助

投稿日:

「おい!しっかりしろ!」

温かい液体が、俺の顔に落ちてくる。

生臭い…

多分、血だろう…

「大丈夫だ!もうすぐ救助隊が来てくれるからな!」

俺は、暗闇でそう叫ぶおじさんに元気付けられた。

数時間後…

「誰かいるか!?」

誰かの声が聞こえた。

「よかったな!これで助かったぞ!」

おじさんが言う。

そして俺は救助された。

俺はその時、救助隊員に尋ねたんだ。

「俺のすぐ上にいたおじさんは無事ですか?」

しかし、救助隊員は…

「あなたの上にいた男性は、すでに死後硬直が始まっていました…」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

バイク事故

よそ見運転をしたトラックがバイクに激突する事故があった。 救急隊が現場に駆けつけるとバイクの男性は首が180度逆の位置にあった。 無駄だと分かっていたが救急隊は首を元に捻って戻した。 結局その男性は死 …

俺は電力会社の点検員

俺は電力会社の点検員。 実は今ニュースで流れた事件の被害者の家に今日行ってるんだよね。 インターホン2回押しても出てこないので拳でノックしたらやっと出てきた。 髪ぼっさぼさ&ひげでしかもパジャマ姿でニ …

帰省

「おい、まだかよ?」 俺は、女房の背中に向かって言った。 どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。 「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」 確かに女 …

脱獄

俺は今日、この刑務所を脱獄する。 囚人には色々な作業をさせられているヤツがいて、先日俺はおもしろいヤツに出会った。 そいつの作業は、刑務所内で誰かが死んだとき、死体を入れた棺桶を外に運び出す仕事だ。 …

長い夢

長い夢を見ていた。 目が覚めると、そこには白い天井。白い壁。カーテン。規則的に鳴り響く機械音。 眩しい。視界が白く霞む。 「・・!!目を覚ましたのね!」 『・・こ・・ごどごで・・ずか・・』 変な感じに …