comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ラジオ

俺は今日、留守番で家に一人だ・・・今夜も熱帯夜か? ノドがやけに乾く日だ、すぐ水が飲める居間で過ごす事にした。 部屋が静か過ぎるので、気晴らしにヘッドホンでラジオを聞くものの やがてウトウトとして俺は …

B君

ある日の夕方。 僕が自分の部屋で本を読んでいると、突然窓をバンバン!と叩く音がした。 びっくりして振り返ると、友達のB君が興奮しながら窓を叩いていた。 「A君!開けて開けて!!」 僕が慌てて窓を開ける …

朝の出来事

「どれだけ生きていたいか、好きなように言ってみなさい」 低く響き渡る神々しい声で問いかけられた。 100年か?いっそのこと永遠か? しかしいきなり聞かれても困ってしまう… 「さっさと起きて、ごはん食べ …

no image

星がきれい

とある日、マイケルは恋人のフローレンスを誘い、星を見ることにした。 マ「星がきれいだね、フローレンス」  フ「そうねマイケル。てゆうか、あなたってそんなに星が好きだったのね!」 マ「僕の頼みを聞いてく …

木箱に監禁

少年時代からとても仲がいい二人の若者がいた。 AとBと言うことにする 二人で会社を起こし、順風満帆だったが、AはBを裏切った。 多額の借金を背負わされ、苦しんでいた。 Aは結婚し、子供も産まれ幸せに過 …