初級

木箱に監禁

投稿日:

少年時代からとても仲がいい二人の若者がいた。

AとBと言うことにする

二人で会社を起こし、順風満帆だったが、AはBを裏切った。

多額の借金を背負わされ、苦しんでいた。

Aは結婚し、子供も産まれ幸せに過ごしていた。

そしてBは復讐を誓う。

ある日、5歳になるAの娘を誘拐した。

山奥の光も差し込まない小屋の中で、少女の体にあわせた木箱に監禁し、

食事だけはできるようにと、顔だけは出してあげた。

10年間、1日1回の食事だけは必ず与えた。

そして、Aに手紙を送った。

「お前の娘を返してやる。~の小屋の中だ。引き取りにくるがいい」

Bの復讐はもうすぐ完遂する。

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゴーストライフ

俺さあ、最近死んだんだよね。 色々あって自殺。 でも気ままなゴーストライフも悪くないよ。 第一働かなくて済むし。 暇だから、俺は幽霊としていろんなところに出没してるんだけど、 最近の流行りは写真だね! …

次の電車

駅のホームで女友達とあった。 『どの電車?』 「次の電車」 『一緒だね』 彼女は電車に乗らなかった。 僕は一時間後に次の電車に乗った。

山小屋の老婆

山で迷って、歩いている中、山小屋を見つけた。 実は行方不明になった子供たちを捜して山で迷ってしまったのだが・・。 小屋にはひとりの老婆が住んでおり「年なのでもう何年も小屋から出ていない」という。 老婆 …

肉を全て

「ここにある肉を全て食べないと罰として貴方を殺します」 密室の中に響く無機質な声。 何を馬鹿なと言いたいが相手が真剣な事は周りの死体が物語っている。 俺は巨大な皿に山盛りの肉を見て思う。 残念だが俺は …

遺影

2年くらい前の実話です。 ある日親戚の集りで父の実家に行った 従兄弟2人が何も言わずにズラッと並んでる遺影を眺めていた 2人とも少し暗い遺影眺めて口々に 『ねぇ、この写真違う人が入ってるよ』 と言いま …