初級

木箱に監禁

投稿日:

少年時代からとても仲がいい二人の若者がいた。

AとBと言うことにする

二人で会社を起こし、順風満帆だったが、AはBを裏切った。

多額の借金を背負わされ、苦しんでいた。

Aは結婚し、子供も産まれ幸せに過ごしていた。

そしてBは復讐を誓う。

ある日、5歳になるAの娘を誘拐した。

山奥の光も差し込まない小屋の中で、少女の体にあわせた木箱に監禁し、

食事だけはできるようにと、顔だけは出してあげた。

10年間、1日1回の食事だけは必ず与えた。

そして、Aに手紙を送った。

「お前の娘を返してやる。~の小屋の中だ。引き取りにくるがいい」

Bの復讐はもうすぐ完遂する。

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

時をかける少女

『時をかける少女』を観ていたら、もう夜の11時。 今日も無為に過ごしちゃったなー。 真琴みたいに時間が操れればいいのに。 よし、念じてみよう。時間よ戻れ、時間よ戻れ…。 ダメだー11時のままだ。 あー …

だるまの顔

これは、僕がまだ小学校の時にある知り合い(F君)から聞いた話です。 そのF君の家は、とても古い家で押し入れには、昔使っていた物や、使わなくなった物が散乱していました。 ある時その押し入れで大きめのだる …

電話での会話

「よう!久しぶり!」 「久しぶり…ゴホ!ゴホっ!」 「どうした?風邪か?」 「ああ悪性のインフルらしい。今、家で寝てるとこ」 「インフルかよ。物騒だな。気をつけろよ」 「本当最近物騒だよ。近所では通り …

靴屋さんに手紙

ある日の夕暮れ、一人の少女が通りを歩いていると、杖をついた盲目の男が声をかけてきた。 「この手紙を靴屋さんに届けてくれませんか?」 少女は困っている人を助けたいという思いから快く引き受けた。 男との別 …

アマガエル

俺の姉は車通勤なんだけど、いつも近道として通る市道がある。 それは河沿いの、両脇が草むらになってる細い道なんだけど 田舎に住む人ならわかると思うけど、そういう道って 夏の雨が降った時とか、アマガエルが …