中級

幼なじみで付き合い長い女の子

投稿日:

幼なじみで付き合い長い女の子で、

何でか「さようなら」を言わない子がいるんだ。

見た目普通だし、昔から家も何回かお邪魔したけど、

おかしいところはないのね。

でも、学校の帰りの挨拶も帰り道で別れるときも、

「さようなら」も「バイバイ」も「またね」も言わない。

まあむしろ、凄くいい子なんだけどね。

何にも言ってないのに、探してた落とし物見つけてきてくれたり、

お箸忘れたりしたら割りばし持ってきてくれてたり、

道に迷ったら迎えに来てくれたり。

あの気配り上手さは正直見習いたいw
[amazonjs asin=”B01N3OSX85″ locale=”JP” title=”幼馴染は闇堕ち聖女!(1) (オシリス文庫)”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

耐え続けた

それは広大な大地に、しっかりと根を下ろして大きく茂っていた。 ある日、化学物質が混じった雨が降り注いだ。 だが、それは雨の間ずっと耐え忍んだ。 雨は大地を流れ去っていった。 暫くして、熱く乾燥した暴風 …

噂のトンネル

男は車を走らせていた。 道の途中で道に迷ったがどうやら抜け出せ、まぁまぁ分かる道まで出てきた。 そこは2つの道に別れており、右はかなりの遠回りの道、 左は近道となる一方通行の道だ。 だが道の途中に昔火 …

社長

前の会社で2億の機械を俺のミスでぶっ壊した時 社長はショックで声がでなくなりながらも振り絞るように 「君に怪我がなくてよかった。機械はまた買えばいい」と言ってくれた その時、俺はこの社長に一生ついて行 …

長い夢

長い夢を見ていた。 目が覚めると、そこには白い天井。白い壁。カーテン。規則的に鳴り響く機械音。 眩しい。視界が白く霞む。 「・・!!目を覚ましたのね!」 『・・こ・・ごどごで・・ずか・・』 変な感じに …

彼のおかげ

「私たち幸せね・・・」 『そうだな・・・』  今日は記念日、二人はワインで乾杯した  「私たちが幸せなのも彼のおかげよね」  『ああ、全くだ』  「こうして思い切り贅沢な暮らしが出来るのもぜーんぶ彼の …